IT顧問とはパソコンインストラクター+αのお仕事です
アーカイブ
投稿カレンダー
2018年9月
« 12月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
ツイッター
「パソコン安心のお店」です

富士通パーソナルズ認定の「パソコン安心のお店」です

安心の「3年間保証」です

NAKトータルサポートの富士通パソコンは安心の「3年間保証」です

携帯版はこちらです


このブログは、携帯電話でもご覧いただけます。
上のQRコードを読み取って頂くか、http://blog.nak-ts.com へ
直接アクセスして下さい。

「イータイピング・マスター」認定校

当社は、「タイピング技能検定イータイピング・マスター」の認定校です。
「タイピング技能検定イータイピング・マスター」とは、「タイピングが少しうまくなると可能性が広がる。」をコンセプトに、日本最大級のタイピング練習サービスを開発・運営する「イータイピング社」が実施する検定試験で、ITの基本技能であるキーボードのタイピング技能を評価します。
認定校である当社では、試験対策の練習はもちろん、受験の申し込み・受験も可能です。

カウンター
  • 67902総閲覧数:
  • 17今日の閲覧数:
  • 14昨日の閲覧数:
  • 39817総訪問者数:
  • 12今日の訪問者数:
  • 12昨日の訪問者数:
  • 2014年10月22日カウント開始日:

走るIT(パソコンインストラクター+α)顧問

「日立さくらロードレース」から1週間後の4月15日、今度は地元で行われた「第22回かすみがうらマラソン」の10マイル(16km)に参加。

地元のかすみがうら市とお隣の土浦市をコースに走るこの大会、過去に出たのは2008年と翌2009年の5kmの部でした。この2008年の5kmが大人になってから初めて出た大会。そこからマラソンが好きになり、翌2009年も5kmに出てマラソンが習慣化してきて、2009年の12月に土浦マラソン(5km)、2010年1月の勝田マラソン(10km)出場と続いていくのでした。「(その2010年の1月の)勝田で10km走れる自信が付いたら次のかすみがうらマラソンは10マイルで!」と思っていたのですが、勝田マラソンの出場前の練習で10km走れる自信が出たころには、2010年の「かすみがうらマラソン」の10マイルは定員に達して申し込みが出来ませんでした(>_<)
そして2011年、練習を重ねて10マイルを走る自信をつけ、2月の守谷ハーフマラソンを完走し、「いざ本番!」と気合を入れて10マイルの練習を本格的に始めた頃に起きた東日本大震災。。。と言う具合でしたから、やっと出る事が出来たかすみがうらマラソンの10マイルは何だか格別な気持ちでした。何と言っても地元開催の大会。そして、このマラソン大会は全国的に見ても屈指の参加人数。東京マラソン、大阪マラソンに次ぐ国内3番目の参加人数と言うから凄いです。その数、27000人以上(エントリー数)と言うから驚きです。。。

で、その10マイルのスタート風景がこれ。

この人数でしたから、応援に来ていた妻と娘と息子には発見して貰えず、スタート時の写真はナシ。。。

 

応援の人が多かったのは、フルマラソンの部にあの「市民ランナーの星」、川内優輝選手が出場していることも大いに関係しているようでした。ちなみに、私は川内選手には会えませんでしたが。。。

 

 

 

 

 

 地元での大会で走るコースも普段わりと見慣れたコースだった事もあり、気持ち良く走れました。
1つ忘れられないのが10km地点付近だったでしょうか、「膝痛い、膝痛い、膝痛い。。。」と呪文のように喋りながら走っていた選手を追い抜いたのですが、その人が完走できたのかどうか、何故か気になります。。。

で、私はと言うと。

 

Cincopa WordPress plugin
無事完走しました。プライベートタイム(ネットタイム)で1時間23分09秒。目標としていた5分/kmを切ることはできませんでしたが、5分12秒/kmだったので、まぁまぁかなと。。。

終わった後、知り合いのランナー方と話していると「次はフルに出なよ!」と言う声が多くあり、かなりその気に。加えて、後日NHKで放送された「3か月でフルマラソン」を見てさらにその気に。現在、来年のかすみがうらマラソンにフルで参戦すべく計画中です(^^)v

このかすみがうらマラソンが行われてから1週間後、仕事上で大きな事が。今はまだ全てを書けないのですが、ある企業様とのコラボレーションによる大きなプロジェクトがこの4月22日から動き出しました。来月or再来月には形となると思いますのでその時に改めて公表しますが、かなり大きなプロジェクトになりそうで期待しています(^^)

そして、4月は2月決算の当社の決算書提出月でした。4月16日から妻がパートに出ているので、私一人で税務署通い。決算書を作ること自体は慣れてきましたが、去年の震災以降色々と会計も入り乱れており、そのあたりを確認しながらの決算書作成でした。。。

その決算書提出が終わるとすぐにゴールデンウィーク。今年は天候が芳しくなかった分、どう過ごすかに苦労した感じでしたが、もっと苦労したのはゴールデンウィーク明け~5月末。保育所に行き出して1ヶ月位たった息子が、連日の体調不良で週に何度も「熱があるので迎えに来て下さい。」と保育所からの電話呼び出し。妻はパート勤めを始めたばかりなので早退がし辛く、殆ど私が保育所に。何度も私が行くからだからか、途中から保育所の先生の電話の出だしが「連日申し訳ありません。。。」になりました。朝のうちはそれほど熱が高くないので保育所に送り出すのですが、「お昼前後に熱が高くなってお呼び出し」がパターン化していました^^;

先月はまた新たなコラボレーションのお仕事で忙しく動いていました。いわゆる「町の電器屋さん」と共同でのネットワークカメラの設置・設定作業。ある施設に20台弱のネットワークカメラを設置して設定。1台のPCにモニターは3台。グラフィックボードを組み込んであり、そこからその3台のモニター(2台はタッチパネル式)にいかに効率よく作業が出来るように画像を出す割り振るをするか、そして全てのカメラの画像が録画できるようにHDDレコーダーの設定も。。。延べ5日間、20数時間かけての作業でした^^;

その忙しさの中、数年前から少しずつ手を加えていた「データベースソフト」がいよいよ完成の域に。今年中の製品化が見えてきました。4月22日から動き出したプロジェクトとの相乗効果も期待できるので、それが実現できるようにこれまた期待をしています。
その準備の為に、ここ数年持っていなかったノートパソコンを手配しました。本当は富士通のノートPCが欲しかったのですが、「予定外の買い物なので安いので」と考えて今回はレノボのノートPCをモデル末期の「短納期の特価品」でレノボの直販サイトから購入。

レノボ ThinkPad420

そしたら、このパソコンをネットで決めた翌日、「ホームページを拝見したのですが…」と東京のPCパーツのメーカーさんから電話があり、後日当社に来て頂くことに。電話と直接お会いしてお話を聞いたところ、PCメモリが安く手に入って尚且つレノボと日本HPのノートPCの特価品を扱えるようになるという何とも有難いお話。

私のこのThinkPad Edge 420を見せつつ、「これより画面の大きい15インチのパソコンが安く手に入りますよ!」と言える商材だし、増設メモリも仕入れられるとあって即契約させて頂きました。

ちなみにその特価PC、「あまりにも安いので、Web上等では広告しないように」とのお達しが出る位のお値打ち品です。ご興味のある方はご一報下さい(但し、手渡しできる位の近隣の方への販売しか出来ません)。

 

 

うちの製品分けとしては、「3年保証もついて安心の富士通パソコン」と「お安くお買い得なレノボとHPの特価PC」と言う風に考えています。それでもかなりニーズはあるのではないかと思っています。。。

そうなると「忙しくなってきたから、やっぱりパートを辞めてパソコン教室だけでも手伝って!」と妻に言えるかなと思って期待しているのですが、良いことばかりじゃないのがこの世の中でしょうか。。。やっと「体調が悪いので、お迎えに来て下さい。」と保育所から息子のお迎え要請電話が減ってきたと思っていたら、昨日から体に発疹が。病院へ連れて行くと「水疱瘡」でした。発症した当日の昨日(今となっては一昨日の7月1日)は39℃も熱が出て辛そうでしたが 、発疹がひどくなった今日は熱は高くなく、一日中家の中で遊んでいました。出席停止は約1週間。これから、妻と私で交代で家にいるようです。。。

昨日から7月になりました。1年の半分が過ぎてしまいました。早いものです。大震災のあった去年もそう思いましたが、今年も早く感じます。。。

4月のブログ( http://blog.nak-ts.com/archives/date/2012/04 )に「新しいスタート」と言うタイトルで息子の保育所の入所式と娘の中学校の入学式を書きましたが、そこでも少しふれたかもしれませんが、妻もその4月からパートに勤め出して環境が激変。ブログを書く暇なく月日はあっという間に過ぎて行きました^^;

今日は、お預かりPCの作業がかなり長時間の物になりそうなのでその合間を縫って「今さら」な話をいくつか。。。

 

4月8日、日立市で行われた「日立さくらロードレース」に参加しました。
昨年は東日本大震災の影響で中止になり、久しぶりの参加(私は10km、中学生になった娘が2.2kmにエントリー)でした。家族4人で車で向かい、車を日立市役所の裏の市役所の駐車場に停めたのですが、外から見た日立市役所の姿はやはり震災の影響で建物に損傷が出ている感じでした。街中でもやはりあちこちで同様に損傷のある建物が。私たちが住む県南よりもより震源に近い分、被害が大きかったと思われます。。。

日立さくらロードレースのスタート前

10kmのスタートの約20分前。この後にスタートする娘と、応援用に目立つ格好の息子と。

日立さくらロードレースのスタート1分前

10kmのスタート1分前です。あいにく、桜は殆ど咲いていませんでした(>_<)

 この日立さくらロードレースで気に入っているのは何と言ってもそのロケーション。それがよく分かる写真がこれ。

日立さくらロードレースのロケーション海の上に伸びる国道6号バイパスを走れるのはとても気持ち良く、これが病み付きになる理由。。。

タイムも、目標の50分切りに成功したのでこれも気持ち良かったです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、娘が参加する中学生の部2.2kmがスタート。

Cincopa WordPress plugin
 
まだ中学校の入学式前ではありましたが、4月1日時点で中学生となる娘は中学生の部のエントリーとなるらしく、「中学生の部」という2歳年上の子も一緒のスタートでした。そうなるとやはり上級生は速い。でも、娘も日ごろの練習の成果(?)なのか、牛久の時のタイムよりも良いペースで走れていました。なので、気持ち良く走れたようです。

もう一人気持ち良かった人が息子。マラソン大会の応援に行く度に先導の白バイに釘付けになる息子http://blog.nak-ts.com/archives/1508でしたが、今回もやはりそうだったようで。ところが、マラソンが終わった後にサプライズ。

日立さくらロードレースの先導白バイ5kmのスタート前に沿道で待機していたらしい白バイに近づくと、担当警官の方がとても気さくな方で「乗ってみる?」と息子に声をかけてくれました。緊張しつつも上機嫌の息子。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このマラソンが終わった後、日立の河原子海岸にある湯楽の里で海を見ながらの絶景露天風呂で汗を流し、日立南太田ドライブインの「勘太そば」で食事。その時に頼んだものはこれ。

穴子丼とちらし鮨とうどん。このボリュームで850円くらいだったかな。。。味もボリュームも大満足でした。

 

この日立さくらロードレースは、「小旅行」気分が味わえるので好きなんです。たぶん、これからもずっと出ると思います。

今さらながらの感はありますが、2月12日に参加した守谷ハーフマラソンの話を思い出しながら。。。

Cincopa WordPress plugin
まずは9時20分、小学生の高学年の部(3km)がスタートしました。(動画はそのスタート時の映像)
小6の娘が参加しました。例年だと、割と最後の集団近くに帰ってくる娘がこの日はだいぶ頑張って走っていました(^^)

そのゴールを見届けた後、急いで準備。私が出るハーフマラソンが10時スタートで集合はその15分前。ギリギリのタイミングでした。この日はとても寒く、娘のゴールを見届けた後すぐにトイレに並ぼうとしましたがどこも凄い行列。唯一、小学生たちがスタートしたところの近くの仮設トイレが空いていたのでそこに並び、終わった時に急いでハーフのスタート地点に行くと物凄い人の数^^;脱いだウィンドブレーカーを妻に渡そうにもどこにいるのか分からず、時間が無くなったのでスタート地点脇の道路の植え込みに押し込みました。スタートしてすぐに妻と再会。「ジャケットは?」と聞かれて「植え込みの中!」と答えて、いざ、ランニングに集中しました。

去年初めてこの守谷ハーフマラソンに参加しましたが、その時とはコースが変更になっていて、新しい道路で走りやすかったのですが、冷たい風がまともにあたり、とても寒い中でのマラソンでした。途中の給水所に何度か救われつつ走りましたが、一番救われたのは17km付近で貰ったチョコレートの差し入れ。1個貰うつもりでしたが、手のひらから溢れるくらいの量の差し入れ^^; ランニング用のポーチをして走っていましたが、ちょうどペットボトルを入れるところが空いていたのでそこに貰ったチョコを入れて走りました。最後の20km位の所でバテそうになり、またチョコを取り出して栄養補給して走り切りました^^;動画はゴール付近の映像です。

Cincopa WordPress plugin

タイムは、ネットで1時間47分56秒。グロスでも1時間49分35秒と5分/km位のペースで走れました(^^)v

植え込みに押し込んだウィンドブレーカーは、走り終えた娘が探し出してくれていて助かりました。走った後、寒さに凍えずに済みました。とは言え、このマラソンが終わってから体調不良が続き、3月初めにインフルエンザになってしまったのですが。。。最近、やっと体調が戻ってランニングのペースも上がってきました。これなら、4月の2つのマラソン(8日の日立さくらロードレースと15日のかすみがうらマラソン)も何とか走れそうです。

一昨年、参加した勝田マラソン。あまりに寒かったのと、同じ時期に牛久でもマラソン大会があることから昨年は(牛久に出て勝田には)出なかったのですが、今年は60回大会と聞いて「区切りの記念大会みたいだから出てみるか。」と思ってエントリーしました。

ところが、今年は昨年・一昨年よりも寒いっ!当日の水戸地方の予報は最低気温-6℃、最高気温3℃でした。それを聞いて「最大の敵は気温」と思うようになり、走る時の服装に頭を痛め、妻や子ども達は万全の防寒対策で応援に来てくれることに。

1月29日の当日、朝6時頃に起きましたが快晴。でもやはり寒い。車のフロントガラスは霜で凍結…路面が凍結していなくて良かった。

常磐自動車道で勝田へ向かいましたが、途中の友部サービスエリアでトイレ休憩。駐車場は思ったよりも混雑。そして、ジャージ姿の人や高校の陸上部と思しき大型バスも何台かありました。かなり気分が高まります。そう言えば、高速を走っていた車もジャージ姿の人が多かったような。。。

8時半頃に会場近くに着きましたが、市内は既に大渋滞。一昨年に車をとめた駐車場は満車。勝田駅周辺の駐車場は何処も満車。。。仕方がないので、会場から勝田駅を越えて少し離れた所にある出張パソコン教室の生徒さん宅へ。「『今日はマラソン大会だから、先生きっといらっしゃってるわよ。』と話していたところでした。」と笑顔で出迎えて下さり、車の事も快諾していただきました。こちらのお宅は自宅で華道教室をされているので駐車場が広く、その教室用の駐車場に停めさせて頂きました。

それから歩いて会場入り。今年も自衛隊の特設テントなどがありました。

自衛隊の帽子を被ってご機嫌(?)の息子(本当は帽子嫌い)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

帽子と上着を着た娘。

自衛隊のコーナーには、東日本大震災で救援活動にあたっていた時の様子などを写した写真がパネル展示されていました。茨城県内の被害がひどかった場所の写真もありました。

ところで、今回の勝田マラソンは60回記念大会と言うことで初めて前夜祭が行われたとか。近くなら行ったのですが、車で1時間以上かかる遠いところなので行きませんでした。当日のイベントとしてはやはり震災からの復興を誓うスピーチや催しがあったようですが、準備運動もしなければならず、あまり把握はできませんでした。。。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さて、その準備運動なのですが、やはり寒さとの戦い。風は冷たいし、地面は霜でシャリシャリしているし。。。ウィンドブレーカーの上にグラウンドコートのようなものを羽織ったままアップしていましたが、それでも寒かった(>_<)

寒さに震えつつ程々にアップをした後、スタート地点へ移動。スタート15分前には大混雑でした。「(持ちタイム)45分~50分で完走できる人」のプラカードの場所へ行きたかったのですが、人が多すぎてなかなか進めず、そのうちにプラカードも撤去されて自分がどこにいるのか分からない状態^^;

 

 

 

 

 

 

そんなこんなで午前11時、10kmの男子の部がスタートしました。私がいた地点は人が多すぎて妻と子供たちは別の地点に退避しつつ私を待ってくれていました。が、

パトカーや消防車などの「サイレン車」が大好きな息子は、先導の白バイに釘付け(写真の右半分が息子の後ろ姿)。

 

スタート後、大集団が通過していったので妻たちはなかなか私を見つけることが困難だったようで、それでも何とか後姿だけ撮ってくれていました(^^) (ここでは写真は省略…)

 

 

 

 

一昨年に勝田マラソンに出た際も思ったのですが、5km位続く片側2車線の道路に応援の人がとても大勢。「私設給水所」みたいな所もあり、街じゅうで応援してくれているような雰囲気でした。

でも、そんなコースの中で1箇所(あるいは2箇所。記憶が曖昧…)、2車線のうちの外側の1車線が使用禁止になっていました。よく見るとアスファルトの道路がガタガタ。路肩や歩道も崩れていました。どうやら東日本大震災による道路の損傷のようでした。。。そう言えば、今回車を停めさせてくれた生徒さんの自宅も3月11日の地震と度重なる余震で、去年の夏頃になって床下の水道管が損傷し、漏水がひどかったとか。やはり茨城県は震災の被害が大きいことが分かります。。。

レースの方はと言うと、走っているうちに体温が上がって汗もかくようになったのですが、手袋を外すと風が冷たくてすぐに冷えてしまい、また手袋をはめる状態。その繰り返しでした。

ゴール付近で妻たちが応援してくれていると思って、ラストスパート。その様子を妻がきちんと撮ってくれていました。

Cincopa WordPress plugin

結果はグロスタイムが49分44秒でネットタイムが48分33秒。2週間前の牛久よりも参加人数が多いので、グロスが16秒遅いのは仕方ないかと。でも、ネットは牛久よりもわずか6秒速いだけ。それでも自己記録はわずかながらでも更新ですが、「これ以上大幅な更新は体重をかなり絞らないと無理かも…」と思う今日この頃でした(^^ゞ

年末から年始にかけての年またぎのサポートはもう1件ありました。

12月26日に同じかすみがうら市のお客様から「お隣にある会社が、事務所を新しく建てたんだけど、インターネットが繋がらないらしいので見に行って貰えますか?」とかかってきた電話でした。
その事務所は私は出入りしたことはなかったのですが、水曜日や日曜日に長距離ランニングをする際の通り道にある会社で、事務所を新築していたのは知っていました。「夕方お伺いします。」と言ってその日の夕方お伺いしました。聞けば、前日の25日の日曜日に電話とFAXを使えるようにNTTの関連会社の人が来たんだとか。では何故、その人がインターネットの開通まで作業をしなかったのだろうと思いつつ、現状を確認してみました。

デスクトップパソコンが置いてあるデスクの後ろの壁のモジュラージャックとADSL用のスプリッターが繋いであり、そこから壁にあるもう一つのモジュラージャックを経由し、デスクトップパソコンと離れた所にあるFAXの場所までモジュラーケーブルを繋いでいるようでした。スプリッターとパソコンデスクに置いてあるADSLモデムは繋がっていませんでした。何故スプリッターとADSLモデムが繋がっていないのだろうと思ったり、壁のモジュラージャックのすぐ下にはLANケーブルが1本だけ出ていたり、だけど、FAXが置いてある近くの壁からはLANケーブルは4本も出ていたり(ルーターはこっちに置くつもりだったのだろうかと思うと不思議)、しかもそのLANケーブルの先端はコネクター無しの線だけの状態で全く加工されておらず、まだ工事途中という印象でした。
電話はビジネスフォンなのでFAXと回線は別で、電話は問題なし。FAX回線もスプリッターに接続された状態で送信も受信も問題無さそう。でも、FAXの壁の方にLANケーブルが4本も出ていることがどうも腑に落ちず、私としてはこの配線を組んだ電気工事業者の人に頼んでやって貰った方が早いのではという印象でした。が、こちらの社長さんが言うにはLANケーブルの先端処理も含めて私にお願いしたかったようでxxxとりあえず、中が悪いのか外が悪いのか、機械が悪いのかの問題を切り分けるために、NTTに電話をしました。状況を伝えますが、どうやら外の異常ではなさそう。ならば中の配線かモデム等の機械の異常と言うことになるでしょうから、翌日にNTTの人に見に来てもらうように手配をしました。それが済んだらインターネットは復旧するでしょうが、LANケーブルの処理等はどうしたものかと思案していました。。。

年が明けて仕事始めから数日経ってから、様子を見に行ってみました。すると、「FAXの業者の人が来て、『配線が逆だ』って言って繋ぎ替えたらインターネットも大丈夫になりましたよ。」という事でした。逆に繋ぐとしたらスプリッターのIN・OUTしか思い浮かばないのですが、それは行った時の状態から触りませんでした。FAXも異常なかったので逆とは思わず。。。結果、解決できなかった私は信頼度が下がったのかLANケーブルの処理も電気工事屋さんに頼むという事でした。私自身、それが良いと思っていたのである意味安心しましたが、「用なし」になってしまったようで複雑な心境でしたが、年またぎの仕事が他に2件もあったのであまり手が回らず、致し方ないかと自分で自分を慰めてました(^^ゞ

さて、毎年年末には年賀状関係のサポートが増えて大晦日頃までかなり忙しかったのですが、今回は29日を最後に仕事納めが出来ました。30日と31日で車や自宅の掃除。元旦は初売りを狙って朝から家族でお店周り。本命のアディダスの福袋は手に入りませんでしたが、第2希望の商品を手に出来たので良しとしました。
2日・3日は箱根駅伝にくぎ付け。東洋大学の圧倒的な強さに感動してました。
4日は初詣に。今年から実家のそばの鹿島神宮をやめ、成田山新勝寺へ。初詣を済ませた後は成田市街を少し散策。これはこれで楽しめました(^^)

5日から仕事始めとなりましたが、それと同時に本格的なランニング練習も開始。元旦以外は走っていましたが、1月9日の牛久シティーマラソンの10kmにエントリーしていたので。ところが、3歳の息子を皮切りに家族内に体調不良者が続出。息子が一番ひどくて、口にしたらすぐに嘔吐。薬も飲んだ途端に吐くのでなかなか治りませんでした。夜も具合が悪く、私も妻もなかなか熟睡できず、そのうちに息子→娘→妻と順番にその“感染性胃腸炎の風邪”にかかり、9日は私一人で牛久へ。私だけかからなかったのは不幸中の幸いでしたが、一人でマラソン大会に参加するのは大変。荷物の管理が一番困りました。あと、応援が無いのでラストスパートに力が入らず。。。写真を撮ってくれる人もなく。プロのカメラマンが撮ってくれるサービス、同じ一人で行ったつくばマラソンの時は良い写真があったのですが、今回はどのカメラマンの人も私は撮ってくれていなかった(>_<)

それでも、牛久シティーマラソンの結果はグロスタイムで49分28秒、ネットタイムは48分39秒でした。自分の中では一年前の同じ牛久シティーマラソンに続いての記録。ネットタイムでは、わずか1秒ではありますが自己新記録でした(^^)/
この調子で、というかさらなる自己記録を目指してこの後の大会を頑張りたいところです。この牛久の後、1月29日の勝田マラソンにも出たのですがその話は次回の記事で。。。

ブログの更新が滞り、ブログでの新年の挨拶もしないままにもう節分も過ぎてしまいました<(_ _)>

その間、何も書くことが無かったかと言うとそうではなく、色々とありすぎてドタバタと過ごしていました。。。

 

まず、1個抜けていたのが昨年12月4日に娘とともに出場した土浦マラソン大会。

完走証によると、この日の朝8時30分の会場の気温は15.1℃。とても爽やかな朝でした。

ウォーミングアップを終えた後、ゼッケンをつけるために着替えた時に息子と撮った写真。

周りには、大人だけでなく小中学生が大勢。土浦市内の運動系の部活やクラブに入っている子は殆ど参加しているのではないかと毎回思うこの大会。今回もやはり大勢の人でごった返していました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

9時に私がエントリーした5kmのスタート。

Cincopa WordPress plugin
 この動画を見ると、私のスタート時のスピードはさほど速くはないのですが、いざ走り出すと徐々にスピードが上がり途中で若干オーバーペースになってしまいました。意識的にペースを落として呼吸を整えたりしつつのレース。。。

結果的には24分14秒。一年前より1分ほど速く、5kmのレースとしては自己ベストの記録に満足(^^) 1週間前のつくばマラソン(10kmに出場)の1kmのラップタイム(ネットで5分8秒、グロスで5分13秒)よりも速かった(ネット計測は無し。グロスで4分51秒)ので満足。でもまぁ、5kmのレースと10kmのレースを比較しても仕方ないのですが。ただ、撮影した動画を見ると、23分30秒ぐらいでゴールしているんですよね。まぁ、今さら言っても仕方ないのですが。。。

 

娘も頑張りました。一年前は後ろから数えた方が速かったのですが、今回は中盤ぐらい。と言うことで娘も満足だったのか、この笑顔。

 

 

 

 

 

 

 

この土浦マラソンの後も色んな事が。。。

「会社で使っているパソコンが6台あるんですが、2台はプリンターに繋がるけどあとの4台は繋がらないので見て欲しい。」との依頼があったのは、既存のお客様のご姉妹が勤めておられる会社。依頼を受けた翌日にその会社へ行って見ると、繋がっている2台はデスクトップパソコンで、LANケーブルが(無線LANではない)有線ルーターに接続されている状態。プリンターに繋がっていないという4台のパソコンは、全てノートパソコン。接続方法は無線LAN。でも、ここで疑問が。「事務所にはどこにも無線LANルーターが無いのに、何故無線?」でした。話を聞くと、これまで使っていた無線LANルーターが壊れたので新しいルーターに替えたとか。でも、何故か無線ではなく有線ルーターに。こうなると、無線LANで繋がっているノートパソコン4台がそもそも有りえない。。。
調べてみると、ノートパソコン4台は建物は同じでも隣のテナントにある別の会社の無線LANの電波を使っていました。WEPキーと言う最低限のセキュリティーさえかかっていない電波がすぐ隣にあったようで。しかも共有ファイルが丸見え(開きはしませんでしたが、おそらく丸見え)。

車で10分ほど行ったところに家電量販店があったのでそこへ無線LANルーターを買いに行き、有線LANルーターから離れた所に置いてあるデスクトップパソコンまで伸びるLANケーブルを一旦外し、買ってきた無線LANルーターを「ルーターモード」をOFFにして「WANポート」に接続。そしてLANポートからデスクトップパソコン2台に接続。そこから無線を飛ばしてノートパソコン4台と繋ぎました。これでネットワークは完成。ところが、もう一つ問題が。なんとこの会社、1つのBフレッツの契約に対してプロバイダー契約が3つも存在(しかも全てOCN)していました。2つの契約が無駄なコスト^^; その解約処理のお手伝いもしました。。。

ある程度の規模の会社でもこういう状況であることを考えると、「IT顧問」としてのお仕事はまだまだありそうです。。。

 

年末から年始へ年またぎになってしまったサポート案件もありましたが、次の記事で書きます。

11月27日の日曜日、筑波大学グラウンドを中心に行われた「第31回つくばマラソン」に参加しました。

レースは、42.195kmのフルマラソンと10kmの2つのレース。私が参加したのは10kmの方でした。

私の住むかすみがうら市とつくば市が近いからか、結構有名と言うか以前から知っていたマラソン大会で、以前から出たいと思っていた大会。ただ、この11月最後の日曜日は毎年妻たちは石岡市で開かれるフリーマーケットに出店していて、今年も出店。と言うことで、私はつくば市へ妻・娘・息子は石岡市へ向かいました。
金曜日に、つくば市のお客様のノートパソコンをHDDのパーテーション変更とWindowsUpdateの更新作業でお預かりしていたので、まずはそれをお返しに。(ウィンドブレーカー上下にランニング用シューズと言う)普段とは全く違う服装でお伺いしたのでちょっとビックリされていましたが、「これからつくばマラソンに出てきます!」と言うと「頑張って!」と応援して頂きました(^^)

その後、臨時駐車場に車をとめて会場の筑波大学へ。駐車場が結構遠かったので歩くだけで体が温まり、軽いウォーミングアップになりました。それにしても、初めて筑波大の構内に入りましたがその広大なキャンパスにビックリ。そして、その中を埋め尽くす人の多さにもビックリでした。。。

広いので、事前に貰ったキャンパス内の見取り図を見ても、目指す手荷物預かり所がどこにあるのかよく分かりませんでした。学生さんのボランティアらしき「案内係」とゼッケンを付けた人に聞いてようやく場所が分かりましたが、かなりその場所へは距離がありました。なので、移動しているだけで時間が過ぎ、朝の寒さも手伝ってトイレに行きたくなりましたが、これがまたどこもかしこもすごい行列xxxやっと手荷物預かり所のそばのトイレまでたどり着き、その行列に30分位並びました。やっとの思いでトイレを済ませ、それから手荷物預かり所に荷物を預けて、レース前のウォーミングアップへ。すると程なくフルマラソンのスタート時刻。一気にキャンパス内がマラソン会場の熱気となりました。

第31回つくばマラソン、10kmのスタート10分前30分位のアップ時間を終え、スタート地点へ移動。選手の人、応援の人でスタート地点はかなりの人混みでした。

写真は、スタート地点脇の普段は駐車場として使われているところから。

人混みを離れてちょっと体を動かしている時の写真。。。

 

 

 

 

 

 

 

 

10時10分に10kmの部がスタートしました。

スタート地点はグループごとに分けらていて、私はBグループからスタートしましたが、しばらくはかなりの人数での集団でのランでした。その後、徐々に人数は少なくなりましたが、いつものマラソン大会と違うのは走っても走ってもさほど景色が変わらない感じ。どうもかなりの区間、筑波大のキャンパス内を行ったり来たりしているようでした。なので、あまり景色は変わらず。。。

途中何回かある折り返しで、私の少し前の方にゲストランナーの茨城ゴールデンゴールズ監督の片岡安祐美さんが走っているのが見えました。いつもの野球のユニフォーム姿。テレビで見ていた時よりも小柄な感じでしたが、パワフルな走り。そしてどこかやはりオーラがある感じ。。。感心したのは、走っている最中にもかかわらず、沿道の応援等にきちんと受け答えしていたこと。立派でした。

残り1km位の所で、ラストスパート。でも、病み上がり状態だったためか思ったほどにはスピードが出ず(>_<)
それでも、片岡さんを抜きました。抜き去る時に「あと少しでゴールなんで頑張りましょう!」と声をかけると「ハイ!」と返事が。声をかける人すべてに返事をしていたようです。本当に偉い。

ゴールした時の手元の時計でのタイムは52分ちょっと。1月の牛久シティーマラソンが48分で自己ベストだったことを思えば、それに次ぐタイムが今シーズン初レースで出たのでまぁ良しとするかと。。。

ゴール後、飲み物等を色々と貰えましたが、意外に美味しかったのがカロリーメイトのゼリー。喉はかなり乾いていたのですが、それでも美味しかったのであっという間になくなりました^^;

 

読売新聞2011年12月1日_つくばマラソンの県内順位61位から500位今朝、読売新聞につくばマラソンのフルマラソンと10kmの県内参加者のうちの61位から500位までの人の名前が載っていました。探す前に「名前載ってたよ!」と妻に言われたのですが、問題は前の方なのか後ろの方なのか…前の方の可能性はほとんどゼロでしたが、思っていたよりも前の方で安心しました。(最後の段ではなかっただけですが…)

こういうことで新聞に名前が載るのは嬉しいのですが、来年も出るかどうかは微妙。一人で参加してもつまらないし、荷物が大変で。もし出るなら、もう一段上に名前が載るようにしたいなぁ。。。

現在履いているNikeのジョギングシューズがだいぶくたびれてきたので、今年の春頃から色々と物色していました。途中、震災があり走るのを中断したのでシューズ探しも中断。
本格的にジョギングを再開後、シューズ選びも再開。で、欲しくなったのが現在使用しているシューズと同じメーカーのNikeの「フリー」というシューズ。軽いし、裸足に近い感覚で走れるというのが魅力。
いつも走行距離等を管理しているNike+のホームページからリンクを辿り、「NikeiD」でカスタムメイドでシューズをオーダー出来るのを見て「コレだ!」と。色々とデザインを考えましたが、目立つ配色で決定して6月8日にオーダーしました。
そして昨日、到着。
20110703-094250.jpg

思った以上の仕上がりに満足。でも、昨日からちょっと風邪気味で走れないのが残念( ; ; )
早く体調を戻して、これを履いて走りたいです。。。

東日本大震災からもうすぐ3ヶ月。このブログでも何度か触れましたが、ここ茨城県も被災地。我が家の瓦は1階・2階ともに損傷し、現在ブルーシート。壁には亀裂が入り、床はかなりデコボコが目立つようになって来ました。。。それ以上にひどいのが、実家のある鹿嶋市で父と私の弟が経営する会社の津波被害。でも、そんなことは茨城県内のあちこちで起こったことであり、東北は言うに及ばず。。。

「小さな被害の私でも、人々の善意は有り難い。その気持ち(=善意)を貰うばかりじゃなく、私にも何かできないか?」と思って始めたのが4月1日の日記にも書いたNike+チャレンジ『ALL FOR JAPAN』という企画。「Nike+」で走ったランナーが1マイル走れば、1ドル分をNikeから義捐金を送るというものでしたが、全世界から趣旨に賛同するランナーが集まって、私が参加してまもなく目標金額をクリアしてチャレンジ終了となってしまいました。その間に私が寄付できたのは5,000円ほど。。。

その後、「ランナーとしてできること」を探して見つけたのがこのブログの左側のメニューにも書いた「RUN×10(ラン・バイ・テン)運動」でした。私は4月6日から参加し、月末で集計してその月に走った分の距離に10円をかけた分の金額をgoogleを通じて日本赤十字社へ寄付することにしました。

4月6日から参加しましたが、4月の走行距離は51kmだったので510円の寄付。そして、5月は117.6km走ったので、先ほど1176円の寄付をしました。大した金額ではありませんが、この先「東北も復興が出来た。」と思える日までこの「RUN×10(ラン・バイ・テン)運動」に参加し続けたいと思います。「細く長く」頑張るつもりです。。。