IT顧問とはパソコンインストラクター+αのお仕事です
アーカイブ
投稿カレンダー
2009年8月
« 7月   9月 »
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
ツイッター
「パソコン安心のお店」です

富士通パーソナルズ認定の「パソコン安心のお店」です

安心の「3年間保証」です

NAKトータルサポートの富士通パソコンは安心の「3年間保証」です

携帯版はこちらです


このブログは、携帯電話でもご覧いただけます。
上のQRコードを読み取って頂くか、http://blog.nak-ts.com へ
直接アクセスして下さい。

「イータイピング・マスター」認定校

当社は、「タイピング技能検定イータイピング・マスター」の認定校です。
「タイピング技能検定イータイピング・マスター」とは、「タイピングが少しうまくなると可能性が広がる。」をコンセプトに、日本最大級のタイピング練習サービスを開発・運営する「イータイピング社」が実施する検定試験で、ITの基本技能であるキーボードのタイピング技能を評価します。
認定校である当社では、試験対策の練習はもちろん、受験の申し込み・受験も可能です。

カウンター
  • 72681総閲覧数:
  • 35今日の閲覧数:
  • 44昨日の閲覧数:
  • 42663総訪問者数:
  • 34今日の訪問者数:
  • 44昨日の訪問者数:
  • 2014年10月22日カウント開始日:

月別アーカイブ: 8月 2009

先月末の「何か良いことありそうな。。。」の記事にも書きましたが、当社や当社の顧問先で活用させて頂いている「携帯・パソコンからの予約システム」の「楽マチ」を開発・運用されているスモールメディア様のサイトの「お客様の声」というページで当社と当社の顧問先様が紹介されました。
息子との2ショットの写真はちょっと親バカ気味の顔ですが、まぁたまにはこんな顔が公開されるのも良いかなと。。。
このページにもありますが、当社ではこの「楽マチ」の導入・運用サポートの業務も行っておりますので、「携帯電話やパソコンからの予約を受けられるようにしたい!」という法人様や店舗様はお気軽にご相談下さい(基本的には茨城県内のお客様のみとさせて頂きます)。

男子やり投げ決勝で村上選手が日本人初の銅メダル!!
世界陸上ベルリン大会その3」を書いた後、どうしても気になった私は、結局は最終種目の男子4×400mリレーが終わるまでテレビで観戦していました。
その中でやはり一番嬉しかったのは村上選手の銅メダル。ハンマー投げの室伏選手が欠場した今回、日本人の投てき種目はさほど注目されていなかったようですが、その中で予選で自己ベストを出し予選2位で通過した時からひそかに期待していました。自己ベストを予選で出せるなんて調子の良い証拠でしょう。
決勝が始まったときはかなり緊張している様子で1回目の記録では不安が若干ありましたが、2回目で自己ベストに迫る記録を投げての堂々たる銅メダルでした。
4×400mリレーは男子も女子もアメリカが圧倒的勝利。やはり凄い。そのレースの合間に行われた女子マラソンの表彰式で見た銀メダルの尾崎選手の晴れやかな笑顔はとても感動的でした。
結局、夜中1時過ぎまでテレビで世界陸上を観戦。2日続けての寝不足です。が、最終日に銀メダルと銅メダルを日本人選手が取ってくれたのでとても嬉しい気持ちで見終える事ができました。
そろそろ残暑も和らいできたので、私もまたトレーニングを始めようかな。と言うか始めないとダメかも。何故ならば、昨夜久しぶりに乗った体重計が示した数値にしばし呆然。「今までで一番重いかも!?」という状態でした。
来年4月のかすみがうらマラソン10マイル(16km)完走に向けてトレーニングを始めたいところですが、この状態だと「まずは減量!」が必要かも^^;

女子マラソン、尾崎好美選手の銅メダルには感動しました!!
息子を膝に抱え、テレビの向こうでラストスパートをかける尾崎選手に「行けー!!」と絶叫。「もしかして金も夢じゃない!?」と思いましたが、惜しくも2位。でも、堂々の2位でした。金は次のオリンピックに期待してしまいます。監督の山下佐知子さんも嬉しかったでしょうね。
それにしても、14位でゴールした藤永佳子選手に対してインタビュアーが2度も「31位と言う結果についてのご感想を!」と聞いていましたが、あれは大変失礼かと。31位は期待されながら失速してしまった赤羽さんの順位。どう答えていいか分からない様子の藤永さんがお気の毒でした。
今日は眠いのですが、やはりテレビが気になる。。。
一番気になるのは村上選手のやり投げ。現在2回目の投てきを終えて3位。ベスト8には入れそう。それまでの間、男子5000m決勝を見たり、女子1500m決勝を見たり。4×400mリレーも気になる。眠れるかな。。。^^;

昨日の夕方、世界陸上ベルリン大会の男子マラソンがスタートしました。
約2時間のレース中、ずっと見ていた訳ではなかったのですが、中盤から後半までは先頭集団はアフリカ勢ばかり。レース前、日本選手5人の紹介が色々と放送されていましたが、なかなかその5人が上がってきません。そうなると見る興味も薄れていましたが。。。
残り2km位のところで、9位を走っていた佐藤敦之選手がスパート。前を走っていた2人をかわし、1人の途中棄権とも絡んで結果6位入賞。2人を追いかけるところでは思わず「行け!!頑張れ!」とテレビの前で叫んでしまいました。(息子と名前が似ているので少し感情移入してました)
いつか、アフリカ勢を破って優勝し、今回よりももっと大きな雄叫びを聞きたいなと思います。
気になっていた男子の4×100mリレーの決勝は放送時間がかなり遅くなりそうなのでひとまずは寝る事にしました。布団に入ったのは珍しく早くて夜10時頃。ところが、息子がなかなか寝ない。。。
12時頃までグズグズ泣き。途中何度か下痢も。12時頃にやっと寝たと思ったら、1時頃に起きてまたグズグズ…3時頃にもグズグズ…その1時頃と3時頃にテレビをつけてみましたが、リレーの決勝はまだでした。そして今度は朝方5時頃にグズグズ…その時にテレビをつけたら、もう世界陸上の中継は終わっていました(>_<)
朝7時30分の目覚ましで起きましたが、今日はひどく眠いです。。。でも、今日は世界陸上の最終日。女子マラソンはあるし、4×400mリレーはあるし、やり投げの決勝はあるし、女子の走り幅跳びはあるし、見たいものがいっぱいですが、たぶんリアルタイムで見るのは無理だろうなぁという感じ。それ位眠い。でもその前に、今日は午後から授業が目白押しなんですが^^;

いよいよ終盤に入った世界陸上ベルリン大会。
ウサイン・ボルト選手の100m・200mの世界新記録はまさに圧巻。ゴール直後に「世界新記録」が出た時のアナウンサーや解説の伊藤浩司さんや朝原宣治さんの驚嘆の声を聞くと異次元の走りであることがよく分かります。
ただ、ドイツはやはり時差があるのでなかなかリアルタイムで見る事が出来ず、ちょっと残念。今朝も4×100mリレーで日本が決勝進出来たのかが気がかりでしたが、TBSの世界陸上の公式サイトの動画で無事確認できました。やっぱりインターネットは便利で良いですね。。。

前回の日記に書いたとおり、8/10(月)~8/16(日)の夏季休暇は「ゆっくり休む・ゆっくり仕事する」予定だったのが急遽忙しく過ごす事となりましたが、その夏季休暇後がこれまた忙しく。。。
17日(月)は朝一から何件か立て続けに電話があり、以後色々な電話が。。。
「パソコンが起動しなくなってしまって、メーカーへ電話したら再セットアップするしか無いと言われたんですが、データーが消えると困るので…」の電話、「2階で使っているパソコンを1階でも使えるようにしたいんですが、無線の設定が上手く出来なくて…」の電話、「スカイプのビデオショットを保存したのだけれど、その写真をDVDに焼きたいのだけれど、焼き方が分からない。それに、写真がどこに保存されているのか分からないので見に来て欲しい。」の電話、「(セキュリティソフトの状態orインターネットエクスプローラーのバージョンが7から8に上がった為か)オンライン株取引が突然出来なくなった!」の電話、「CDの音楽の曲を何曲か取り込んで、それぞれの曲の時間を短くカットした後、またCDに焼くのはどうしたらいいですか?」の電話、「動画をDVDに焼きたいのですが、分からなくて…」の電話、「急で申し訳ないのですが、今日の授業の予約を取りたいのですが…」の電話等々。。。
驚いたのは「うちの関係者でインフルエンザに罹った人がいるので、今日の授業は見合わせて欲しい。」の電話と「ブログに(私がかつて所属し2年ほど前に退会したインストラクターを養成する)協会を退会したと以前の記事に書いてありましたが、どうして退会したのですか?」の電話。前者は「はい、分かりました。お大事にして下さい。」で済む話です(とは言え、かなり驚きました)が、後者は「何で今更?」という感じでした。
「お話しするほどの事はありません。何か不明な点があれば、直接協会に聞いて下さい。私はもう関係ありませんので。」という感じの話をして電話を切りました。。。
そして今、夜9時頃になってもまだ帰れません。
「メーカーに電話したら再セットアップするしか無いと言われた」パソコンのデーター引越しの作業中。再セットアップ後、セキュリティソフトのインストールやMicrosoft Update、各ソフトやドライバーのアップデートが7時頃にようやく終わり、今は旧データーの移し替え作業。。。
明日は朝から出張サポートや出張授業でほぼ一日駆け回る日でまた忙しくなりそう^^;
ここ一週間ほど息子の体調が悪く、ずっと下痢。病院へ行くと「ウィルス感染性胃腸炎」とか。夜中におなかが痛くてぐずっている息子を見ていると、妻も私も何だか熟睡できず。。。どこかで心身ともに立て直さないと。

以前の日記にも書きましたが、今月の10日(月)から16日(日)までを夏季休暇にしていました。普段時間が無くて滞っていたホームページ作成やデータベースソフト作成の作業時間にあてるつもりでいました。10日(月)は午後からはそのように動いていたのですが。。。
10日(月)の夜、滋賀県に住む妻の父親から「息子はまだ小さくて大変だろうから、(小学校4年の)娘一人だけでも新幹線に乗せて来させなさい。」と電話がありました。
娘一人を行かせる事は私も妻も反対。だけど「息子の顔をまだ見せていないので、(娘と息子を連れて)3人で行こうかな。」と妻が言うので、「それならば、家族全員で車で行こう。」となり、12日(水)から2泊で行く事にしました。
が、翌日11日(火)の地震で東名は通行止め。迂回路となる中央高速はかなりの渋滞が考えられ、中止も考えましたが「ETCなら1,000円」の割引は13日からなので「12日はそれほど混まないだろう。」と予想し、予定通り出発して中央高速で行く事にしました。
12日は4:00に起床。5:00出発。6:05に中央高速に乗ることが出来ましたが、6:00前ならば深夜割引でした。今回は通勤割引。。。
Image182_2.jpg6:30頃はやくも渋滞。
「急ぐ旅じゃないから、ゆっくり行こう。」という気になりました。
P1020050b_1.jpg8:30頃、山梨県の談合坂サービスエリアで持参した菓子パンを食べての朝食。そして、「その土地の美味しいものを食べよう」という事で「ほうとう」を。
私と妻と娘の3人で食べる筈が、娘にはとても美味しかったのか、その殆どを娘に食べられてしまいました^^;
その後、長野県の諏訪湖サービスエリアで休憩。「ほうとう」を殆ど食べる事ができなかった妻が「信州そば」を注文。やはり地のものは美味しいのか、これも娘がかなり食べていました^^;
この諏訪湖周辺までの道のりでアップダウンを何度も越えてカーブも越えましたが、以前何度か松本方面へ行った際に走った事はあったので違和感無く走れましたが、諏訪湖の先の岡谷ジャンクションを越えて名古屋方面へは今回が初走行。
その道は予想通りアップダウンとカーブの繰り返しでした。。。今回は2400ccのナック1号車で行ったので運転は楽でしたが、「軽自動車のナック2号車だったら、この坂道とカーブは大変だったろうなぁ。。。」と思っていたら、千葉県や埼玉県ナンバーの軽自動車が何台か走っていました。
中央高速を終えて名神高速道路に入り、尾張一宮パーキングエリアで昼食。
(13:15頃)それまでの山梨や長野のサービスエリアやパーキングエリアはかなり涼しく快適でしたが、ここはかなり蒸し暑く。。。
Image183_1.jpg娘の食べた「天ぷらきしめん」
Image184.jpg妻が食べた「ミニきしめん+ミニ味噌カツ」
Image185.jpg私が食べた「わらじ味噌とんかつ丼」。あまりのボリュームに、普段食べ残しはしない私が珍しく残してしまいました。でも、美味しかったです。。。
そして、15:30頃に滋賀県東近江市の妻の父宅へ到着。尾張一宮よりも暑かった。。。
13日(木)は琵琶湖を見下ろす八幡山ロープウェイに乗ってプチ観光。ただし、ロープウェイの中はエアコンが無く、あるのは団扇のみ。蒸し風呂状態で山頂付近まで上り、そこから展望台までの徒歩は汗だく^^;
琵琶湖と安土城跡を見た後、再びロープウェイに乗って下山。本当の意味でプチ観光でした。。。
14日(金)の15:00頃に滋賀の妻の父宅を出発。家までの予想所要時間は10時間でしたが、到着は夜中の1:30過ぎ。10時間半の所要時間でした。
今回の滋賀県と茨城県では片道が530km程の旅でしたが、給油は滋賀県についた後と帰って来た後にそれぞれ1回で済みました。思ったよりも燃費は良かった。アップダウンの少ない東名ならばもう少し燃費は良かったかもしれませんが、1回で済めば良いかなと。。。
15日(土)の朝方1:30に家に到着し、その後2:30頃に就寝しましたが、9:00頃に朝御飯を食べて午前中は身体を休め、午後にはまた思い立って私の実家のある鹿嶋市へ行き(片道55kmほど)ました。その日の18:30頃に私の両親と私の家族4人(私+妻+娘と息子)の計6人で鹿嶋市内の天ぷら割烹店へ。私は初めてではなかったのですが、妻たちは初めて(おそらくは「割烹店」自体が初めて)。
「茹でたカニ」に始まり、お刺身や煮魚、メインの天ぷら、お味噌汁やデザートの「コース料理」で「今回の夏休みに食べた中で一番美味しい!」という感じでした。(妻の父親のいる滋賀での食事は、妻が嫌いor食べられない物が3日間中2日間も出たので、食べた気がしなかった様子。。。)ただ残念なのは、この時は食べるのに夢中でこの時の写真が一枚も撮っていなかった事。。。
食事が終わった後、その日の夜には自宅に戻りました。
12日から15日までの総移動距離は1,200km弱。その全てを私一人で運転しましたが、運転は好きなので楽しかったです。ただ、もうちょっと涼しいところが良いかなと。。。海岸が近い鹿嶋の実家はエアコンがいらない位涼しかったのですが、実家なので旅気分にはならず。。。今度は東北方面かな。。。(そっち方面は親戚などは無いので、“思い立った旅行”では無くて計画して行かないと。。。)

当社の業務を大きく分けると、パソコン教室・パソコンサポート(ホームページ作成やデータベース作成等も含む)・パソコンや周辺機器の販売のIT業務、そしてプロポリス製品の販売業務に分ける事が出来ます。
富士通パーソナルズ様との直接取引が出来るようになってから、パソコンやパソコン周辺機器の販売業務のウェイトがかなり大きくなってきました。ただ、当社の場合、ホームページにも記載していますが、パソコン等の販売を行う場合は「販売のみ」ではなく、殆ど全てのパソコンの初期設定等を行ってから納品しています。新しくパソコンを購入された場合は、そのパソコンの初期設定のみの作業ですが、パソコンの買い替えの場合はこれまでお使いになっていたパソコンから新しいパソコンへのデータ移行、メールアカウントやメールメッセージやアドレス帳の移行、インターネットのお気に入りの移行、追加ソフトがあった場合のインストール、プリンター設定やインターネット設定なども全て当社で行っております。
「今まで使っていた通りに、新しいパソコンをすぐに利用して頂く」為のサポート付きの販売です。
(XPパソコンからVistaパソコンへの買い替えが多い現状では、OSが違うので「今までとまったく同じ」という訳にはいかないかもしれません。が、その違和感は授業で解消して頂いております…)
まずは、Vistaパソコンの初期設定を行います。
富士通パソコンの初期設定ツール「パソコン準備ばっちりガイド」の手順に従い、インターネット設定(無線LANの設定を含む場合もあり)、ウィルス対策ソフトのインストール、Microsoft Update、富士通アップデートナビ(パソコン内のソフトのアップデートやドライバー関係のアップデートが全て管理されているソフト)等を順次行い、パソコンを最新状態かつセキュリティ万全状態にして初期設定が終了。
“買い替え”の場合は、この後から移行作業。(今回はXPパソコンからの代替)
Image183.jpg今までお使いだったパソコンが問題なく起動する場合は、Vistaの「Windows 転送ツール」を使ってデータや設定の移行を行っています。今回はデータ移行用にサポート用の外付けHDD(マウスの右上)を使っての作業を行っています。
desktop2.jpg「Windows 転送ツール」のスタート画面。
XPで動作するWindows 転送ツール用のディスクを外付けのHDD内に作ります。
ディスクが完成すると、今度は外付けHDDをXPパソコンに繋ぎ、データや設定情報の抽出作業。
抽出作業完了後、再びVistaパソコンに外付けHDDを繋ぎ、「Windows 転送ツール」の指示に従って作業を行えば、移行完了。移行に要する時間はデータの容量にもよりますが、ストレスを感じるほど長い作業では無いような。。。
desktop1_1.jpgこれは、初期設定完了後のVistaパソコンのデスクトップ画面。
(画面右下の時計に注目。→10:32)
desktop3_1.jpgこれは、今までお使いになっていたXPパソコンのデスクトップ画面。(画面右下の時計→午後 06:50と午前・午後付き表示。)
desktop4_1.jpg「Windows 転送ツール」で移行完了後のVistaパソコンの画面。
これまでのデスクトップの背景画面と同じものが入り、時計もこれまでと同じ「午後 07:56」という表示形式になっています。
それだけではなく、「マイ ドキュメント」にあったファイルやフォルダは「ドキュメント」へ、「Outlook Express」内のメールメッセージは「Windows メール」へデータ移行されているのでかなり便利です。
(ただし、「Windows 転送ツール」が標準の状態では移行できないデータもありますので、それらのデータについては、外付けHDD等へバックアップを取ってそこからコピー&ペーストをするようになります。)
USBリンクケーブルなども使用できるようなので、いずれはそれも試してみようかと思います。
富士通パソコンには「PC乗り換えガイド」というものがあり、これを使えば「Windows 転送ツール」よりも簡単に移行が出来そうですが、これもまだ試していません。まずは基本の「Windows 転送ツール」をしっかり覚えようかなと。。。
ところで、今回のように今までのパソコンがきちんと起動してくれれば良いのですが、当社でパソコンを代替される方のほとんどの場合が、HDDやファイル・フォルダに問題があってパソコンが起動できない状態。。。そうなるとかなり作業は厄介^^;
今回は快適に作業が出来て良かったです(^.^)
ちなみに、データが移行完了したから作業が終わりではなく、その後は富士通のパソコンの場合は「マイリカバリ」を行います。
これはデータや設定が整った状態を丸ごとバックアップしておいて、万が一の時(ウィルス感染など)に、「リカバリをかけてデータが全部消えた!メールとかの設定を最初から全部やり直し(>_<)」にならないよう、「健全な状態のバックアップを取ってその健全な状態で万が一のリカバリをする為」のソフトで、この作業をしておくだけでもかなり安心です。