IT顧問とはパソコンインストラクター+αのお仕事です
アーカイブ
投稿カレンダー
2009年9月
« 8月   10月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  
ツイッター
「パソコン安心のお店」です

富士通パーソナルズ認定の「パソコン安心のお店」です

安心の「3年間保証」です

NAKトータルサポートの富士通パソコンは安心の「3年間保証」です

携帯版はこちらです


このブログは、携帯電話でもご覧いただけます。
上のQRコードを読み取って頂くか、http://blog.nak-ts.com へ
直接アクセスして下さい。

「イータイピング・マスター」認定校

当社は、「タイピング技能検定イータイピング・マスター」の認定校です。
「タイピング技能検定イータイピング・マスター」とは、「タイピングが少しうまくなると可能性が広がる。」をコンセプトに、日本最大級のタイピング練習サービスを開発・運営する「イータイピング社」が実施する検定試験で、ITの基本技能であるキーボードのタイピング技能を評価します。
認定校である当社では、試験対策の練習はもちろん、受験の申し込み・受験も可能です。

カウンター
  • 67902総閲覧数:
  • 17今日の閲覧数:
  • 14昨日の閲覧数:
  • 39817総訪問者数:
  • 12今日の訪問者数:
  • 12昨日の訪問者数:
  • 2014年10月22日カウント開始日:

月別アーカイブ: 9月 2009

先週、うちの教室内でちょっとした事件がありました。。。
先週の月曜日のことでした。午前中の授業が終わり、私は授業中に電話がかかってきて出ることが出来なかった電話の主である、顧問先の美容室に折り返しの電話をしていました。その少し前、妻は昼食の準備をするために事務所内の台所やトイレがあるバックルームに入って行きました。
私の電話の内容は「パソコンがフリーズしてしまいました!」という事への対処法の指示の電話だったので、若干時間がかかる内容でした。時間にして15分位でしょうか?その間、妻は一度もバックルームから出てきませんでした。普段ならばお昼の用意を持ってカウンターまで出てくるのに。。。
電話越しにトイレの方から何度か大きな物音が聞こえてくることに気付きました。「ブラシか何かで掃除でもしているのかな?」と思いましたが、それにしては大きな音。しかも、何度も聞こえてきます。電話での指示をしつつ、トイレの方に行ってみました。そうすると、中から妻の声が。。。
「カギが開かないの!閉じ込められて出れないの!!」という叫び声でした。
そこでやっと事の重大さに気付きました。運よく、それから程なく電話が終わったので“救出”にかかりましたが、ドアノブをいくら回しても、外からカギを外せるはずの所にマイナスドライバーを入れて回しても変化なし。ドアノブ自体を外してみても状況は変わりませんでした。
それから、ドライバーはもちろん、ナイフやフォークでドアと壁の隙間から何とか出来ないかと格闘しましたが、一向に変化なし。。。
30分位格闘したところで諦めました。とは言え、うちのトイレは入口のドア以外はドアも窓もないので、このドアを何とかするしかありません。が、何ともできないのでドア越しの妻に「大家さん呼んでくる!息子は今寝ているから、その間に行ってくる!」と言って隣の建物にいる大家さんを呼びに行きました。「妻がトイレのドアが壊れて閉じ込められてしまいました!」と言ってとにかく来てもらいました。
その後、大家さんがドアと格闘すること約30分。金づちや電動ドリルまで使ってドアを破壊する作業をしてくれたので、昼寝をしていた息子もその音に目が覚めました。抱っこして大家さんの作業をしばらく見守っていましたが、トイレのドア越しに妻の声が聞こえた途端、息子は泣き出しました。たぶん、「お母さんの声がするのに、お母さんがいない(>_<)」という心境だったのでしょう。。。
息子をあやしている間に大家さんが妻を救出してくれました(*^_^*)
時間にして1時間位の閉じ込められ事件でした。
その後、大家さんが手配してくれた業者の方が壊れたドアノブを交換に来てくれましたが、ドア自体は壊れたまま。結果、こんな感じになりました。

P1020162.jpg
これって、このままなんでしょうか?“パテ埋め”とかしないと何か変な感じです。
それにしても、今回、私が事務所にいて良かった。
妻は去年、トイレで携帯を落として以来、トイレには携帯を持っては入りませんでした。その状況で、私がいつもの“出張パソコン教室”や“出張パソコンサポート”に出かけていたら、何時間も救出されることなく、トイレにいたかも。その間、息子はどうなっていたかと思うとちょっと怖い。。。
「これからは、緊急連絡用に携帯をトイレに持っていこう。」と「トイレに閉じ込められるなんて、一生のうちでもそうない経験!」という思いを持った事件でした^_^;

以前、富士通の販売店向けセミナーに参加した際、「プリンターは3年or5年で代替えになる消耗品です。」という内容のお話を聞き、その際にEPSONとCANONのプリンターの新製品の紹介をメーカーさんから聞きましたが、その際に「あっ、良いなぁ。」と思っていたEPSONとCANONのプリンターがありました。
その後、そのEPSONとCANONモデルをお客様に販売してきましたが、当社のプリンターも教室開業以来3年半が経ったのを機に、EPSONの複合機を入れ替えました。Image187.jpg
以前使っていたモデルと比べて、かなり省スペースになったことが実感できます。速くてキレイにもなりましたし(*^_^*)
それと、共有プリンターで使っている環境だからわかったことですが、インク残量などは以前のPM-A890だと直接繋がっているパソコンからしか確認できませんでしたが、今回のEP-801Aだと、ネットワークプリンタとして登録したパソコン(つまりは、直接USBで繋がっていないパソコン)からでもインク残量等の確認が出来るようになったので便利になりました。これだと、授業の時に繋いだ生徒さんの持ち込みノートパソコンで“インク残量の確認方法”の話もしやすくなります。
それと、CD/DVDのラベル印刷のためのトレイがプリンターに内蔵されたので、操作が簡単で便利になりました。PM-A890だと、この「CD/DVDトレイがプリンター内に入って行かなくて印刷できない」トラブルが結構ありましたが、内蔵されたことでそのトラブルもなくなりました(*^_^*)
なかなか良いプリンターです。

2年前の夏から富士通の販売店になった当社ですが、私物パソコンは別として(2005年夏モデルのFMVBIBLOを使用)、教室内のパソコンに富士通パソコンはありませんでした。そうなると、富士通パソコンを中心に販売していても新しい機能や今現在に機種にインストールされているソフトのことが今ひとつ分かりにくく不便を感じていたのですが、今月から「(Vistaの授業を)2人で一緒に受けたい」という生徒さんが入会されたので、それを機に教室用に富士通パソコンを1台導入しました。
デスクトップパソコンの中でもデザイン性と省スペース性に優れたFシリーズ(FMVFD60)です。Image186.jpg
普段は「展示用パソコン」として目立たせたかったので、入口から入ってすぐ目の前となるL字カウンターのコーナーに置いてあります。ここだと省スペースであることもよく分かりますし、画面が左右にスイング(富士通さんは「スイーベル」と呼んでいるようです)できるので、カウンター席に座っているお客様と画面を確認する時にも便利です。
また、Vistaパソコンの授業が同時に2人の時は、このパソコンを別の席へ異動させます。ディスプレイ一体型で、マウス・キーボードはワイヤレスなので移動も楽なので助かります。移動させるとこんな感じです。Image188.jpg
左側の机は、Vistaが発表された直後に導入したDellのデスクトップパソコン。その隣には、普段はDellのXPデスクトップパソコンが机に置いてあるのですが、そのパソコンをどかさずにそのまま置いてみました。こんな感じでVistaパソコンの2人同時授業を行ってみようと思います。
ところで、このFMVFD60はもうすぐ発表になるWindows7のアップグレード対象機種です。もちろん、それもあってこの機種にしましたが、Windows7の新機能も楽しみなところ。CドライブとDドライブのデュアルOSに出来れば一番いいのですが、どうなんでしょうか?ソフトが届いたら一度試してみます。(それがダメならば、今は自宅で使っているHPのVistaパソコンを教室にまた戻します)

先日で9か月になった息子が、パソコン教室兼事務所の中を所狭しと動き回るようになりました。まだ自力で歩くことはできませんが、「ハイハイ」や歩行器で動き回っています。
お気に入りの場所は事務所入り口のスリッパや靴を入れているラックまわり。外から見ると“看板息子”っぽくて可愛いかもと思って写真を撮ってみました。kanbanmusuko.jpg
息子の後ろの方で散乱している靴などは彼のイタズラの産物です^_^;

今日(日付が変わったので今となっては昨日ですが…)は土曜日で教室はお休みでした。昨晩から今朝にかけて息子の夜泣きで何度か起こされ、頭がボーっとしていたので午前中一杯ぐらい寝ていようと思ったのですが、朝10時頃に右足ふくらはぎが急につってしまい、激痛で起きました。その後もなかなか痛みは治まらず、なんだか憂鬱な一日になりそうな予感がしましたが。。。
遅めの朝ご飯を食べた後、「友達と遊ぶから家にいる」と言う娘を残し、妻と息子の3人で外出。真っ先に今日どうしても行きたかった場所へ行きました。
場所は、土浦のジャスコにある映画館。12月12日公開の映画の前売り券が今日から発売だと聞いて買いに行きました。私の分と娘の分の2枚を買いました。それがこれ。yamato001.jpg
宇宙戦艦ヤマト復活篇」の前売り券。
完結篇も26年前に劇場で見ました。「さらば宇宙戦艦ヤマトで終わったはずなのに、その後も続いて、それでも完結したのに、また復活?」って声も聞こえそうですが、見たいから良いかと。それに私は「さらば宇宙戦艦ヤマト」は一度も見ていません。白色彗星帝国との物語はテレビ版の「宇宙戦艦ヤマト2」が本筋だと思っているので^^;
戦争ものかもしれませんが、私は「人間ドラマ」として見ています。沖田艦長と古代、古代と島、古代とデスラー、古代と雪。。。
予告編を見ましたが、今回は完結篇から17年後の世界を描き、古代と雪との間に生まれた娘と古代との人間ドラマもあるようで。
長年古代の声を務められた富山敬さんがお亡くなりになられ、慣れ親しんだ声ではなくなったのが残念ですが、今から楽しみにしています。
前売り券を買った後、ジャスコで昼食を済ませ、しばしジャスコの中をブラブラと。ふくらはぎは冷やさない方が良いと思ったので、出かける際にタオルをグルグル巻きにしていましたが、それが良かったのか昼食を食べる頃にはほとんど痛みは無くなっていました。
その後、書店等を回り、夕方4時頃帰宅。家族で昼寝をしようとしましたが、息子は元気一杯で眠る気配が無く、妻が諦めて傍にいてくれたようでしたが、私は少し昼寝をさせてもらいました。おかげで少し寝不足は解消されましたが、それよりもふくらはぎがつってしまう原因が運動不足に思えて仕方がないので、少しずつでも運動する方法を考えないと。「激痛で目が覚めるのだけはイヤ(>_<)」なので。。。

昨日の朝、月1回のペースで出張パソコン教室にお伺いしている生徒さんから電話がありました。
「ワードで(毎日書いている)日記を書いていたら、文字が赤くなってしまって戻らないんです。」という内容の電話でした。
「フォントの色」の変更などを電話で指示しながら対処しましたが、どうも戻っていない様子。
「次に先生が見えるまで、このまま日記を続けます。」と半ば諦めながらおっしゃっていましたが、今度の訪問予定は9月12日。2週間近くもその状況で日記を書き続けるのは忍びなく、「遠隔で繋いで直します!」と伝えて遠隔サポートを開始しました。
遠隔で繋ぐと状況はすぐにわかりました。
その時開いたWord画面を再現したのが次の写真。image1.jpg
どこをどう操作したのか、「変更履歴の記録」がオンになっていました。これだと、打てば打つほど字は赤くなってしまいます。
電話では状況が今一つ分かりませんでしたが、遠隔で画面を見ることで謎は解決。対処もすぐに出来ました。
こんな便利な遠隔サポートツールですが、うちで使っているシステムは完全無料の遠隔システム。今現在のサポート内容と顧客数ならばこのシステムでも十分な内容です。でも、私のブログで何度か遠隔サポートの記事が出ていた為か、電話やメールで「遠隔システムを提供している会社ですが。。。」という内容の売り込みがこれまでに何件かありました。
その殆どが有料。しかもかなりいい値段。「サポート専門の会社ならば、検討の余地はあるかもしれませんが…」と答えてお断りしていました。でも、ブログを見てそういった電話やメールが来るのはちょっと嬉しいかも。
遠隔システムだけでなく、「NTT系のプロバイダーの取次やりませんか?」とか、「パソコン教室のパソコンを利用して、インターネット回線を利用したイーラーニングをやりませんか?」とか、営業の電話やメールはかなり来るようになりました。その殆どが、すでに当社で導入していることで「今さら売り込まれても。。。」という内容も多いのですが、「これは良い!」と思えるものもあります。
このブログや会社のホームページを見て「ファミーゴ」を運営・管理している会社の社長様からメールを頂き、導入させていただきましたし、思えば、週1回来て頂いているパートのインストラクターの方も、元々はこのブログを見て問い合わせのメールをくれた方。これらのことを思うと、ブログやホームページで当社のことを色々と書いてきたのは良かったかなと。すでに導入していることで『なんで今さら?』と思えることでも、今当社で利用しているものよりもさらに良いものがあれば、それを導入すれば今よりももっと良くなるので、やはり色々な情報が入ってくるのは良い事ですよね。
売り込みが来るのとは逆に、私がインターネットで見つけた「携帯・パソコンからの予約システム」の「楽マチ」については、このシステムを開発された会社の社長様と実際にお会いし、システムの改良等に関わることもできました。これまた良い流れです。。。
ただ、電話やメールで色々と売り込みをかけてくれる方には申し訳ないのですが、授業中に電話が入ると「今、授業中なので!」と会話もそこそこに電話を切るしかありません。かと言って、メールを頂いても一日に100通~200通のメールが来る状態では、授業やサポートの合間を縫ってその内容を吟味してトライしてみるだけの時間がありません。でも、「携帯・パソコンからの予約システム」の「楽マチ」のように、こちらが「こんなシステムないかなぁ」と思って探している時にタイミング良く情報が手に入ると、すぐに採用という流れになります。
こういうのって、「欲しい!」と思うタイミングと売り込みが来るタイミングが合わないとなかなか結果に結びつかないですよね。やはり何事も「タイミング」は大事なんですね。。。
でも、大変申し訳ないのですが、FAXでの営業だけはどうも好きになれません。色々なFAXでの営業が舞い込みますが、「欲しくもない情報に何でインクを使わなきゃならないの!」が正直なところ。
「FAXDMの無料コンサルティングを行います!」なんてメールも来ますが、私自身がFAXDMを好きではないので頂いたメールはスルーしています。
昔、トヨタの営業マンとして働いていた頃、「自分の足で何軒も訪問してお客さまに会って話をしろ!売り込みの話じゃなくてもいい。自分を知って貰って自分を売り込め。それが営業だ!!」という考えを叩き込まれた上での営業をしていました。それが身に付いているのか、電話やFAXでの営業とかメールでの営業には若干違和感を覚えます。「楽して営業しようとしていない?」と思ってしまう。ITの世界で働いているのだから、メールでの営業も分からなくはないのですが、逆に「コストも時間もかけずに仕事をしようとしているな。」と思う自分がいます。生意気で申し訳ないのですが、うちはそんな考えの会社です。電話やメールで色々と売り込みが来ても、すぐに導入することはなかなかないかも。。。

衆議院選挙が8月30日に行われましたが、テレビや新聞では「民主党歴史的勝利!自民党惨敗!」という内容の見出しが躍っています。
「予想以上に逆風が大きかった」という声も聞こえますが、「ある程度は予想できた事かも」という思いもあります。
出張パソコン教室などでの車移動中、情報収集の為によくAMラジオを聴いています。その中で私のお気に入りはTBSラジオの「荒川強啓 デイ・キャッチ!」という番組。ニュースを色んな角度で解説してくれるので世の中の動きがよくわかって好きな番組です。
その番組の中に「勝ち抜き時事川柳」というコーナーがあり、聴取者が時事問題を川柳にして優秀作品を競っていますが、その作品がとても面白い。車の中で大爆笑する事もしばしばです。リアルタイムで聴けないことも多いので、Podcastを利用してこの「勝ち抜き時事川柳」だけはiPodに入れて聴いています。
このコーナーでは最近は麻生総理が大人気でした。裏を返せば、それだけ言いたいことがいっぱいあるのかなと。例えば、定額給付金が話題の頃には「くれるなら貰ってやるけど、(選挙で票は)入れねぇよ!」とか。。。殆どがそんな調子だったので、今回の政権交代はある程度予想できたかなと。
今回、衆議院選挙と同時に茨城県知事選挙もありました。衆議院選挙に比べると知事選は若干予想しにくい展開でした。5期目を目指す知事と自民党茨城県連推薦の対抗馬、その他にも元オリンピックメダリストを含めて6人が立候補。多選の是非が焦点となっていましたが、結局は現職の知事が5期目に突入しました。これにはちょっと「何だかなぁ」という感じです。5期目は長すぎるだろうと思うのですが、それを阻止するだけの人がいなかったということですよね。。。
でも、いまだに良くわからないのが、自衛隊の百里基地を民間と共有する事で開港を目指す茨城空港の必要性。国内路線は決まる見込みがなさそう。そこで、海外の航空会社を誘致しているようですが、路線が決まったとして一体どれくらいの利用者がいるのだろうかと思うとかなり謎。でも、現職知事が当選したということは、この空港も予定通り開港に向かうのでしょうね。。。
最後に、衆議院選挙の開票速報番組と24時間テレビの放送が重なってしまい、フルマラソン3本分を見事に走りきったイモトさんのゴールシーンが生中継されなかったのは残念だったかなと。小さい画面でもいいから、リアルタイムで放送して欲しかったなと思います。