IT顧問とはパソコンインストラクター+αのお仕事です
アーカイブ
投稿カレンダー
2010年2月
« 1月   3月 »
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
ツイッター
「パソコン安心のお店」です

富士通パーソナルズ認定の「パソコン安心のお店」です

安心の「3年間保証」です

NAKトータルサポートの富士通パソコンは安心の「3年間保証」です

携帯版はこちらです


このブログは、携帯電話でもご覧いただけます。
上のQRコードを読み取って頂くか、http://blog.nak-ts.com へ
直接アクセスして下さい。

「イータイピング・マスター」認定校

当社は、「タイピング技能検定イータイピング・マスター」の認定校です。
「タイピング技能検定イータイピング・マスター」とは、「タイピングが少しうまくなると可能性が広がる。」をコンセプトに、日本最大級のタイピング練習サービスを開発・運営する「イータイピング社」が実施する検定試験で、ITの基本技能であるキーボードのタイピング技能を評価します。
認定校である当社では、試験対策の練習はもちろん、受験の申し込み・受験も可能です。

カウンター
  • 55985総閲覧数:
  • 569今日の閲覧数:
  • 38昨日の閲覧数:
  • 36036総訪問者数:
  • 87今日の訪問者数:
  • 23昨日の訪問者数:
  • 2014年10月22日カウント開始日:

月別アーカイブ: 2月 2010

Twitter(以下、ツイッター)という言葉は何となく以前から聞いたことはありました。でも「たった140字しか書けないなんて、何が面白いの?」という感じでした。。。

以前のブログライフスペースタイム(以下、LST)というサービスと連動していて、ブログを更新すればそのLSTが更新され、ブログのアクセスアップに繋がる。そのLSTはツイッターの日本版。」という程度の認識しかありませんでした。
その後、Yahoo!ニュースで「つぶやきシローがツイッターを開始」と出ていたので少し興味が出てつぶやきシローをフォローする為にツイッターに初めてアカウントを開設しました。でも、それだけ。ほとんど活用はしていませんでした。

ただ、気になっていたのは確か。私は出張パソコン教室や出張パソコンサポートで車で移動する際、AMラジオを聴くことが多いのですが、ほぼTBSラジオだけ聴いていた私は「小島慶子キラ☆キラ」の番組中にやたらとツイッターが話題に上るので気になってはいました。「でも、140字で何が面白いの?」という思いは消えず。。。

先週の水曜日、「たまには本屋さんで情報収集」と思い立って本屋さんへ。「どうしても何故か気になるツイッター。それについての良い本はないかな?」と思って色々と本を探しました。
そこで内藤みかさんの「夢をかなえるツイッター」という本を見つけました。「挿絵や操作方法の図解が少ないので、授業では使えそうにないから買わなくても良いか…」と思い、でも何となく気になって手にとってはまた本棚へ戻すこと数回。。。その後、他の挿絵や操作方法の図解が多い本を何冊か見て、授業に使えそうな本を見つけても、どうしても「夢をかなえるツイッター」という本が気になり、結局は授業に使えそうな本と「夢をかなえるツイッター」の2冊を買って帰りました。

家に帰ってすぐにこの「夢をかなえるツイッター」を読み始めましたが、この本が実に面白くて。本自体の面白さもさることながら、「ツイッターってそんなに面白いんだ!」と思わせてくれる内容。パソコンが使えない時にはiPod touch片手に読み進め、すっかりツイッターの魅力にとりつかれてしまいました。mixi等のSNSよりも楽しい感じがします。もちろん、「ツイッターもmixiも、ブログもホームページも併用して使う」という事になりそうですが、そうする事で相乗効果でそれぞれがより楽しく便利になりそうです。そう思わせてくれたのもこの「夢をかなえるツイッター」という本でした。
とは言え、まだまだツイッターは奥が深いようで全てを使いこなしているわけではありませんが、「ツイッターって便利で面白いですよ!」と生徒さんやインストラクター仲間にも薦められるようになりました。

そんな「ツイッターって面白いですよ!」と思えるきっかけをくれた「夢をかなえるツイッター」という本と作者の内藤みかさんに感謝です<(_ _)>

遅くなりましたが、私のツイッターのアドレスです。

http://twitter.com/nak_ts

最近、1歳の息子が「書き魔」になっています。
鉛筆は尖って危ないので持たせるとしたらホワイトボード用の水性マーカーが多いのですが、最初の頃はA4用紙、その後はカレンダーの裏などの大きな紙とだんだん書く物が大きくなってきました。そして昨日、事件が。。。

悲惨な状態のプリンター

悲惨な状態のプリンター

授業中、妻も私も目を離している隙にレーザープリンターの上に登り、ひたすら書いていました(^_^;)

最近は「激落ちくん」スポンジが手放せません(>_<) 

先日(2月7日)、「第5回かすみがうら市市民マラソン大会」が開催され、娘とともに初めて参加しました。私は「一般男子(3km)」への参加で娘は「小学4年生女子(2km)」への参加でした。

参加費は100円と激安。ただ、距離が短い為か参加者の多くは小学生や中学生の子供たちでした。。。

天気は良かったものの、冷たい風が強く吹いていました。開会式の後、娘とともにウォーミングアップ。走ったグランドは霜柱がいっぱい出来ていて、変なクッションで走りにくい感じでした。というか、寒くて走りにくい…(^_^;)

最初のスタートは小学校の低学年生(1・2・3年生)の男子。その後、低学年の女子、高学年(4・5・6年生)の男子、女子と続いていきますが、私の参加する一般男子は小学校高学年女子の後に中学生や高校生と一緒のスタートでした。

娘のスタートの時には妻と2人でカメラを構えながらの応援。スタートして折り返して戻ってきた頃には、私のスタート前の招集がかかっていました。注意事項を聞きながらの娘の応援。そして撮影。なかなか忙しい展開です(^_^;)

娘たちがゴールした後、ろくなウォーミングアップもしないままでスタート!前の中学生や高校生の後先考えないようなスタートダッシュに思わずついて行きそうになりました。体が温まっていないのですぐに自重しましたが。。。

結局、寒さとアップ不足&思いのほか坂道のアップダウンが強く、思うように走れないままでゴールイン。参加費100円の為かレースタイムの計測用の時計がなく、タイムは何分かわかりませんでしたが、順位の書いた紙を渡されました。書かれた数字は14位。参加人数がよく分からないので「速いのか遅いのかよく分からない」状態でした。が、娘の貰った順位の紙を見てビックリ!なんと親子そろって同じ順位でした。
「思うように走れなかったけど、娘と同じ順位だったからそれはそれで記念になるか。」という感想が残ったレースでした。

父のゼッケンと順位(左)と娘のゼッケンと順位(右)

父のゼッケンと順位(左)と娘のゼッケンと順位(右)

左が私のゼッケンと順位の紙、右が娘のゼッケンと順位の紙です。。。 

最近では関東でも「恵方巻き」が認知されだしましたが、大阪に住んでいた私は小さい頃から「節分と言えば恵方巻き」でした。「豆まき」は豆がもったいない気がしてあまりやった覚えがありません。。。

なので、毎年節分の日は「豆まき」よりも「恵方巻き」の我が家です。

節分の日に恵方巻きを親子2人で

節分の日に恵方巻きを親子2人で

1歳になった息子もガブリと。。。
若干向いている方向が違いますが、まぁ良しとしましょう。それにしても自分でもどこか笑える写真です(*^_^*) 

先日の日記で書いた「60才代のすごいランナー」の方(今朝の新聞を見ると、先日の守谷市で行われたハーフマラソンも年代別1位になっておられました!)との出会いの翌日、また出会いがありました。厳密に言うと「出会い」ではなく「再会」でしたが。。。

今から約1年前、突然かかってきた1本の電話がありました。「急で申し訳ないんですが、月々の顧問契約を今月いっぱいで終了させて下さい。」という内容でした。あまりに急だったので、こちらに何か落ち度でもあったのかと一瞬思いましたが、次に出た言葉でその思いは変わりました。「会社の状態が良くなったら、またお願いすると思いますので…」ということでした。
相手は私が4年ほど前からIT顧問をしている会社の専務様。全国展開をするようなかなり大きな会社で、新規出店も盛んにされていたので「大きな会社だから、私のような零細業者は相手にされなくなったのかな…」と思ったわけですが、それにしては「会社の状態が良くなったら…」という言葉が少し気になっていました。。。

それから数ヵ月後、新聞の県内版にその会社が事実上倒産したという記事が載りました。その時にやっと事情が飲み込めましたが、私にとっては結構ショックな出来事でした。「まさか倒産なんて…」という気持ちでした。新規出店は続いていたし、専務も社長も他の役員の方達も良い人達ばかりだったですし。。。
その後、裁判所等から当社宛に「債権者の方へ」というような内容の書類が何度か届きました。清算する中で売掛が残っていた事に気付いてくれたのでしょうが、裁判所や弁護士事務所から届く書類なので届く度に「何事?」とビックリしていました。私にしてみれば、売掛が残っていた事を忘れる位の小額だったのですが。。。

「再会」したのはその会社の社長様や専務様達でした。とは言え「今は無職」とおっしゃっていましたが。ただ、今回お会いしたのはその元専務様から「お会いしてお話できませんか?」と電話があったからでした。話の目的もどこへ行けば良いかも分かりませんでしたが、先方様が指定した場所でお会いしました。皆さんお元気そうでしたので安心しました。

お話の内容を要約すると「今まで多くの人に迷惑をかけたけど、結果的には再起するチャンスを貰えたと思っている。今はその準備中だけど、再起する時にはまた力を貸して欲しい。」というような内容でした。色々なお話をしましたが、その前向きな姿勢にとても共感を持てましたので快くお引き受けする事としました。お話の中で元気を貰えたので、私にとって嬉しい再会でした。。。

先日(2月3日)、東京新宿にあるマイクロソフトのセミナールームへ行きました。
その目的は「Windows エキスパート ゴールド」の資格認定を受けるためです。
40分の講義を受けた後、すぐに20分位の筆記テストが始まりました。10問中8問以上正解で認定証をもらえます。

テストが終わると、早速自己採点での結果発表。講師の方の正解発表を聞いておりましたが、5問目位の正解発表で合格を確信しました。(前半がちょっと自信なかったので^^;)
結果は全問正解での合格でした!
Windowsエキスパートゴールド認定証

Windowsエキスパートゴールド認定証

合格者にはその場で「Windows エキスパート ゴールド」認定証が渡されます。それがこれ。

ちなみに、マイクロソフトの公式ホームページによると、
Windows エキスパート ゴールドとは、Windows 7の新機能や特徴などの製品情報、そしてお客様の用途に合ったエディションのご紹介やアップグレード方法などの販売情報を熟知しています。更に、実際に製品デモを交えた製品紹介スキルをもった Windows 7 販売のエキスパートです。

と言う事でした。主に家電量販店などでの販売スタッフ向けの資格ですが、(もちろん当社でも販売はしていますが)パソコン教室の授業をする上でもこの資格があると授業の幅が広がってとても役立ちます。昨日の授業でWindows7のノートパソコンを持ち込みで受ける生徒さんがいたので、さっそくこの日の講義で習ったことをお伝えしてみました。「パソコンを楽しむ」という面で非常に役立ちます(^^)v

この資格を取る前に「Windows エキスパート シルバー」を取りましたが、そのシルバーとの大きな違いはマイクロソフトの「Windows エキスパート -Gold- 在籍店舗一覧」に社名を載せて貰えること。ちなみに、Vistaの時にも「Windows Vista 認定マイスター」という制度があり、この認定も受けましたので「Windows Vista 認定マイスター在籍店舗一覧」に社名を載せていただきました。
あと数週間もすれば(これが以外に時間がかかるかも…)、当社もマイクロソフトのこの「Windows エキスパート -Gold- 在籍店舗一覧」ページに社名を載せていただけます。楽しみにそれを待っています(^.^)

2月1日(勝田マラソンの翌日)の朝、出勤してまもなく電話がありました。「デスクトップのデータもメールも消えてしまった!」という内容でした。この方、2年ほど前に土浦市の電器屋さんからの依頼でパソコンをお預かりしてデータ復活等のサポートをした方でした。その時は電器屋さんからパソコンをお預かりしたので、直接この方にお会いしたことはありませんでした。今回は電器屋さんを経由せず、直接電話をくれたようでした。。。

「午前中はパソコン教室の授業なので、午後お伺いします。私の思っている現象が原因であれば、その場で直せると思いますので!」と言って午後2時頃にお伺いする約束をしました。話を聞いている限り「他で見た現象と同じだからそんなに手間取らずに直せるはず。」と思っての約束でした。

約束の2時頃にお伺いしてパソコンの置いてある居間に入ると、まず目に入ったのはおびただしい数のトロフィーでした。「ゴルフが好きな方かな?」位でその時はあまり気にしませんでした。。。

パソコンは6年位前のXPデスクトップパソコン。ご家族の名前別に5人のアカウントが作ってあり、その中でご主人のアカウントだけがおかしいと言う事でした。他にも「インターネットに繋がらない」と言う事でした。。。
「○○電器(2年前の電器屋さん。ここから購入したそうで…)さんに言ったら、『もう古いから買い換えた方が…』と言われたけど、中に入っているデータがまずは大事だから。。。」とご主人の弁。
「確かに年数は経ってますけど、この現象は他でも見たことがあるので、たぶんデータは大丈夫ですよ!」と私。そこから復旧作業が始まりました。

作業の途中で「昨日はお休みだったんですね?」とご主人。
「はい。いつもは日曜日は営業しているのですが、昨日は『勝田マラソン』に出たので休みにしました。」と私。
「えっ、本当!?俺も出てたんだよ!」とご主人から意外な返事。さらに意外な事に、この方は凄い人だということが分かりました。

「勝田は毎年出ているんだけど、去年は60歳代の年齢別の2位で1位が取れなかったから、今年は絶対1位になってやると思って必死で走ったんだよ。お陰で1位を取ったけどね!」と。タイムを聞くと37分台というから驚きです。その後はパソコンの作業をしつつ、マラソンの話をずっとしていました。部屋に飾ってあるトロフィーも色々と見せてもらいました。勝田マラソンやかすみがうらマラソンはもちろん、福島県の大会や埼玉県のトロフィーもありました。そのほとんどが「年代別1位」のトロフィーでした。
20代でマラソンを始めて、途中仕事が忙しかった時期はマラソンを離れたものの、定年を過ぎた後から「マラソンは病気のように病みつきになっている」そうで。「でも、その病気になっていれば、他の病気は寄り付かないですよ!」と言うと「うまいこと言ってくれるねぇ。」と嬉しそうでした。。。

話しているうちに、パソコンの作業は終わりました。「ユーザープロファイル」が壊れていて正常に起動せず、「一時ファイル」で起動している状態でした。その状態ならばデスクトップもマイドキュメントもメールもデータが出てくるはずはありません。他の家族の方用のアカウントからファイルを見るときちんと見れるので、新たにアカウントを作りそのアカウントにこれまでのアカウントデータをコピーしてその新しいアカウントをこれからは使ってもらうようにしました。メールアカウントの設定は作り直しましたが、その他はほとんど元通りでした。
インターネットに繋がらなかったトラブルも、モデムを再起動し、ネットワークアダプタを有効化して再起動すると問題なく繋がりました。

「いやぁ、良かった。買い換えるしかないかと思っていたから。でも、データがなくなると大変だったし。。。」とご主人。

「今度の土曜日、かすみがうら市民マラソンでお会いしましょう!(駅伝の部にこの方は出るそうで…私は3km。娘が2km。)」と言ってお宅を後にし、マラソン談義で楽しかった訪問は終わりました。

昨日、勝田マラソンに参加しました。
嫌な予感がしたのですが、前日はあまり寝つきが良くなく、殆ど眠れないままに朝を迎えてしまいました。若干頭はボーっとしていますが、ただテンションは高いので走る事はできそうです。。。

朝6時に妻と娘を起こし、3人で朝食。その後レース用の服に着替え、1歳の息子を起こして7時過ぎに出発。
8時過ぎに勝田駅近くの会場周辺に到着しましたが、その時点からかなりの人と車。。。会場から少し離れた場所に車を駐車し、会場へ家族で向かいました。

着いた当初は開会式まで1時間ほど時間があった為かそれほど人が多いと思いませんでしたが、時間が経つと共にどんどん人が増えてきました。開会式の頃には会場は超満員という感じでした。

開会式が始まって少ししてから、私はウォーミングアップを開始。それと同時に妻と子供たちは一旦会場を離れ、近くのジャスコ勝田店や長崎屋に。。。

勝田マラソンスタート前の写真

勝田マラソンスタート前の写真

11:00に打ち上げ花火と共にフルマラソンがスタートしました。一気に大会ムードが盛り上がり、私の緊張感も一段と。。。
程なく妻と子供たちが戻ってきて、私はウォーミングアップ用の服装からレース用の服装に着替え、スタート地点に向かいました。
←その時の写真。

11:25になり、10kmのレースのスタートとなりましたが、5,000人もいるとなかなかスタートできません。ゆっくりゆっくりとスタート地点へ移動しました。それほどの参加者の多さでした。そして、それに劣らないほどの沿道の応援する人の数の多さ。すごくいい雰囲気です。
先頭から3分ほど遅れて、私もスタートしました。沿道のたくさんの応援を受けながら、普段は走れない片側2車線の道路を走れるのはとても気持ちよく、あっと言う間に3km地点を過ぎました。練習通りのペースで走れているので、10km走れる自信は出てきました。
5kmを過ぎるとまもなく折り返し地点。折り返し地点は坂道の上のほうにあり、様子がよく見えます。5,000人の集団が折り返すのですからその人の多さに圧倒されました。そんな集団で走っているのですから、これまたいい気分でした。。。

 

 

 

レース終了後の写真。完走証を手に。

レース終了後の写真。完走証を手に。

1時間を切る事を目標に走りましたが、終わってみれば公式タイムは56分台。レース後、完走証をもらいに行きましたが、そこに書かれていた(実際に自分がスタート地点を過ぎてからの)パーソナルタイムは53分台でした。初の10kmのレースでこのタイムはかなり満足。40分台も夢ではなさそうです。

 

 

 

 

 

 

 

自衛隊コーナーの娘

自衛隊コーナーの娘

私が走っていた約1時間の間、妻と子供たちは会場の特設コーナーを色々と回って楽しんだようでした。

自衛隊のコーナーでの子供たちの写真です。。。

戦闘機パイロット姿の娘。

 

 

 

 

 

 

 

迷彩服姿の1歳の息子

迷彩服姿の1歳の息子

迷彩色のジャケットを着た息子。

この勝田マラソンの10kmの結果次第では4月のかすみがうらマラソンのエントリーをこれまでと同じ5kmにするつもりでしたが、予想以上に気持ち良く走れたので10マイル(16km)に挑戦しようかと。筋肉痛がとれたら(今朝から太ももがパンパンです…)、また練習です!