IT顧問とはパソコンインストラクター+αのお仕事です
アーカイブ
投稿カレンダー
2011年4月
« 3月   5月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  
ツイッター
「パソコン安心のお店」です

富士通パーソナルズ認定の「パソコン安心のお店」です

安心の「3年間保証」です

NAKトータルサポートの富士通パソコンは安心の「3年間保証」です

携帯版はこちらです


このブログは、携帯電話でもご覧いただけます。
上のQRコードを読み取って頂くか、http://blog.nak-ts.com へ
直接アクセスして下さい。

「イータイピング・マスター」認定校

当社は、「タイピング技能検定イータイピング・マスター」の認定校です。
「タイピング技能検定イータイピング・マスター」とは、「タイピングが少しうまくなると可能性が広がる。」をコンセプトに、日本最大級のタイピング練習サービスを開発・運営する「イータイピング社」が実施する検定試験で、ITの基本技能であるキーボードのタイピング技能を評価します。
認定校である当社では、試験対策の練習はもちろん、受験の申し込み・受験も可能です。

カウンター
  • 67895総閲覧数:
  • 10今日の閲覧数:
  • 14昨日の閲覧数:
  • 39812総訪問者数:
  • 7今日の訪問者数:
  • 12昨日の訪問者数:
  • 2014年10月22日カウント開始日:

月別アーカイブ: 4月 2011

ゴールデンウィーク期間中の営業につきましては、下記の通りとさせて頂きます。ご不便をおかけしますが、何とぞご理解とご協力をお願いいたします。

 

▼業務区分

4月
5月
28
29
30
1
2
3
4
5
6
7
8
9
■パソコン教室

 

営業時間 10:00~18:00
 (ただし、夜の授業の予約がある場合はこの限りではありません。)

■出張パソコンサポート

 

営業時間 10:00~20:00
 (ただし、完全予約制です。)

■お電話でのお問い合せ

 

営業時間 10:00~18:00
(休み中は、留守番電話にての対応となります。5月1日~5日に頂いたお問い合せへの返答は、5月6日以降になります。)

■FAX・メールでのお問い合せ

 

24時間対応
(ただし、5月1日~5日に頂いたお問い合せへの返答は、5月6日以降になります。)

 

今日は4月1日。エイプリルフールであり、新年度のスタートの日であり、東日本大震災から3週間ちょうどの日。。。

そして、当社にとっては設立記念日。2004年4月1日に設立。丸7年が過ぎました。毎年書いてはいますが、記念日と言っても特別な事をする訳ではなく、“お祝い”らしき事をした事はありませんでした。東日本大震災がつい最近あった今年は、なおさらそんな気にはなれず。。。

とは言え、徐々に本来の日常に戻りつつあります。「意識して元に戻す努力をしないと」という思いもあります。

3月28日には、再び鹿嶋へ向かいました。震災後鹿嶋へ行ったのは20日に続いて2度目です。父親たちの会社にまずは向かいました。「水が出るようになった」と聞いたので、少しでも後片付けの手伝いが出来ればと思って行きました。

向かう途中、(霞ケ浦にかかる)かすみがうら大橋を渡り、(霞ケ浦を挟んで)かすみがうら市とは反対側の旧玉造町(現在の行方市)に入った時、改めて街中を見ると震災の爪痕がかなり残っているようでした。大型ショッピングセンターの「ベイシア」が休業していました。20日に通りがかった時も閉まっていたので、ホームページで確認するとやはり営業は出来ないダメージのよう。そして、そのベイシアから1kmも過ぎない場所の道路では、坂道の歩道が路肩から完全に崩れ、マンホールだけがつき出ていました。そんな歩道の光景は、旧玉造町を過ぎた後、旧麻生町の道路脇でも見ました。やはり、茨城県の被害は大きいと感じました。(昨日うちに荷物を届けてくれた佐川の人は、地震当日は子供さんの小学校の行事で、学校(石岡市)のグラウンドにいたとの事。その時、グラウンドに地割れが入り、液状化で水が下から吹き上げ、子供たちは泣き出し、パニック状態だったとか。。。)

父親たちの事務所へ着いた後は、パソコン周りの片づけを中心に後片付けの手伝い。床、壁、パソコンデスク、書庫、カウンター、、、至る所から泥と砂が出てきました。そして、事務所の建物自体がかなり傾いている事も分かりました。わずか数時間の手伝いでしたが、「この泥を片付けるだけで何カ月もかかるかも。。。」という感じがしました。。。

この頃までは、「東北の人達よりはまだましかもしれないけれど、自分達は“被災者”」という意識がどこかにありました。正直、その思いはまだ少しあります。その為、テレビなどで「今、わたしにできること」というフレーズを見ても、思いつくのは節電ぐらいでした。
この節電は、言われ始めてからかなり意識しました。使わない物の電気は消す。照明もその他の電化製品も。事務所の照明器具は7セット(蛍光管が2本のセット)あるのですが、器具から蛍光管を外して3セットは使えなくしました。もちろん、稼働しているパソコンも必要なものだけの最少台数に。
節電以外には、義援金を出すというのが一般的かもしれませんが、自宅の屋根の修理代がいくらかかるか分からず、実家と父親たちの会社の復旧にいくらかかるのか分からない状態では、義援金の事を考える余裕がありませんでした。。。

が、3月29日の夜、とても良い物を見つけました。

NIKEの「~走ろう、日本のために。~」と題されたNike+チャレンジ『ALL FOR JAPAN』という企画です。これは、「Nike+ランナーが1マイル(約1.6km)走るたびに、ナイキが1ドルの義援金を米国のNPO「Architecture for Humanity」に寄付するもの」という企画。

「(自分が一生懸命に走れば走るほど、)自分の努力が誰かの為になる」という事にとても嬉しく思いました。

震災の日の朝まではNike+を使ってほぼ毎日走っていた私ですが、震災後は余震がたびたび起こっていた事、お風呂に入れない日が続いたこと、参加を予定していたマラソン大会が2つ(4月10日の日立さくらロードレースと17日のかすみがうらマラソン)とも中止になったこと、福島原発の放射能問題が連日報道されている事で、走る事が出来なくなっていました。震災という出来事自体が大きい出来事過ぎて、走る気力を失っていたという面もありました。

でも、このNike+チャレンジ『ALL FOR JAPAN』を知った時、「また走ろう!」という気持ちが強く湧いて来ました。今までは、仕事の日は4.2km位のランニングで、休みの日は15km~20kmのランニングでしたが、これからは仕事の日は4.8km(3マイル)以上、休みの日は16km(10マイル)~20.8km(13マイル)を念頭に走りたいと思います。自分が元気に走る事で、少しでも被災された方が元気になるお手伝いが出来るならば願っても無い事。この企画を打ち出してくれたNIKEに感謝です。

とりあえず、私の「今、わたしにできること」は、節電とこのランニングで文字通り走り出したいと思います。そして、毎年毎年この4月1日が平和に迎えられるように祈りたいと思います。。。