IT顧問とはパソコンインストラクター+αのお仕事です
アーカイブ
投稿カレンダー
2014年3月
« 2月   4月 »
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
ツイッター
「パソコン安心のお店」です

富士通パーソナルズ認定の「パソコン安心のお店」です

安心の「3年間保証」です

NAKトータルサポートの富士通パソコンは安心の「3年間保証」です

携帯版はこちらです


このブログは、携帯電話でもご覧いただけます。
上のQRコードを読み取って頂くか、http://blog.nak-ts.com へ
直接アクセスして下さい。

「イータイピング・マスター」認定校

当社は、「タイピング技能検定イータイピング・マスター」の認定校です。
「タイピング技能検定イータイピング・マスター」とは、「タイピングが少しうまくなると可能性が広がる。」をコンセプトに、日本最大級のタイピング練習サービスを開発・運営する「イータイピング社」が実施する検定試験で、ITの基本技能であるキーボードのタイピング技能を評価します。
認定校である当社では、試験対策の練習はもちろん、受験の申し込み・受験も可能です。

カウンター
  • 66299総閲覧数:
  • 7今日の閲覧数:
  • 8昨日の閲覧数:
  • 38578総訪問者数:
  • 6今日の訪問者数:
  • 8昨日の訪問者数:
  • 2014年10月22日カウント開始日:

月別アーカイブ: 3月 2014

当社ではこの度、茨城県かすみがうら市にある有限会社木幡工務店様のホームページを作成・公開致しました。

「低燃費住宅地域No.1」の家づくりを目指す木幡工務店様は、「超高断熱」や「木の香の家」というキーワードで注文住宅を作っておられます。

大手のハウスメーカーとは違う、でもそれに引けを取らない快適な家づくりをされている木幡工務店様の事が、少しでも多くホームページから伝わるような内容にしたいと思って作成しました。今後もより一層内容を充実させ、茨城で家づくりを考えておられる方のお役に少しでも立てば幸いです。今後とも宜しくお願いいたします。

「有限会社木幡工務店」様ホームページ http://kowatakoumuten.com/

 

ここ最近、生徒さんやお客様からプリンターの紙詰まり等のプリンタートラブルの発生が続きました。

最初は、「紙詰まりのエラーメッセージが出て、プリンターが動かない。紙は取り除いたんだけど、ダメ。」と言うお話が生徒さんからあり、後日お伺いしました。プリンターはキャノンのMP980。

生徒さんのおっしゃる通り、排紙トレイを見ても後トレイを見ても、前面のカセットとその周辺を見ても詰まっている紙や紙の断片はありませんでした。でも、液晶画面には「紙詰まり」関係のエラーメッセージが。。。念の為、細かい紙屑等が邪魔をしている可能性も考えてエアブロアーで吹き掃除をしても変化なし。もちろん、ヘッドが動く周辺もチェックしましたが異常なし。そこで、ネットで調べてみました。http://cweb.canon.jp/e-support/faq/answer/inkjetmfp/45226-1.html  このサイトを見て、唯一確認していない場所があることが分かりました。EPSONのプリンターでもよくある「プリンターの後ろにある蓋」にあたる「背面カバー」(サイトでは"搬送ユニットで用紙がつまったとき"にありました)を開けると、A4用紙がそっくりそのまま詰まっていました。これは、普段目にしない場所なので分かりにくい。。。この詰まっていた用紙を取り除くと、すぐに何事も無かったように動き出しました(^^)v

 

次にあったトラブルは、同じくキャノンのMX350。FAX機能のついた複合機プリンターです。FAXとして使っているので、持って来て貰うのは不憫で、お伺いして見ることに。

こちらもやはり液晶画面には「用紙が詰まりました。排紙トレイを確認して下さい。」的なメッセージが出ていました。でも、排紙口を見ても、後カセットを見ても用紙の切れ端一つ見つかりませんでした。もちろん、ヘッド周りも。。。エアブロアーで吹き掃除をしても改善は見られず。。。メーカーのサポートページ( http://cweb.canon.jp/e-support/faq/answer/inkjetmfp/53737-1.html )を見る限り、この機種はMP980のような「背面カバー」は無い機種なので、前回と同じような解決方法は無さそうでした。。。でも、そのサポートページを見ている時にある一文が気になりました。「~チェック2: 後トレイに異物は入っていませんか」とあります。後トレイは、壁際に近くてよく中まで見えていませんでした。プリンターをくるっと前後逆にして後トレイを覗きこんでみました。すると、何か違和感が。その時の再現写真を作ってみました。

キャノンMX-350の後トレイわずかですが、黒っぽいものが見えました。ちょうど、赤枠で囲んだあたりに丸くカーブしているものでした。「針金のような細くて長いものはありませんか?」と伝え、千枚通しのような道具を借りてその黒っぽい物体にアタック。何とかひっかけて取り出すことに成功。出てきたのは「S字フック」でした。プリンターを置いている壁の上の方にカレンダーが掛けてあり、そのカレンダーを吊るしていたらしいのですが、「この前、めくる時にフックがどっかへ飛んで行ったんだけど、どこへ行ったか分からなくて。こんなところに入っていたんだ!?」とお客様。「異物」のS字フックを取り除いた後は、何事もなかったように順調に印刷は再開されました。メデタシメデタシ(^_^)/

あともう1件、MP770もエラー表示が出て印刷できないと連絡がありましたが、こちらは10年ほど前の機種なので新機種への代替をお勧めして対応、先日納品しました。色々ネットで見てみると、プリンターヘッドの周りに飛び散ったインクがセンサーを狂わせてしまう現象のようでした^^;