IT顧問とはパソコンインストラクター+αのお仕事です
アーカイブ
投稿カレンダー
2018年11月
« 10月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
ツイッター
「パソコン安心のお店」です

富士通パーソナルズ認定の「パソコン安心のお店」です

安心の「3年間保証」です

NAKトータルサポートの富士通パソコンは安心の「3年間保証」です

携帯版はこちらです


このブログは、携帯電話でもご覧いただけます。
上のQRコードを読み取って頂くか、http://blog.nak-ts.com へ
直接アクセスして下さい。

「イータイピング・マスター」認定校

当社は、「タイピング技能検定イータイピング・マスター」の認定校です。
「タイピング技能検定イータイピング・マスター」とは、「タイピングが少しうまくなると可能性が広がる。」をコンセプトに、日本最大級のタイピング練習サービスを開発・運営する「イータイピング社」が実施する検定試験で、ITの基本技能であるキーボードのタイピング技能を評価します。
認定校である当社では、試験対策の練習はもちろん、受験の申し込み・受験も可能です。

カウンター
  • 72631総閲覧数:
  • 29今日の閲覧数:
  • 95昨日の閲覧数:
  • 42614総訪問者数:
  • 29今日の訪問者数:
  • 77昨日の訪問者数:
  • 2014年10月22日カウント開始日:

Windows7

今年に入ってから2月の後半にかけて、複数のお客様からトラブルの報告がありました。

Windows7のパソコンをご利用されている方で、日本語入力が出来なくなるトラブルでした。キーボードのキーを打っても(ローマ字にならない直接入力の状態で)全く違う文字が入力されたりするので、入力も変換もおかしい状態のようでした。

IMEの表示されている場所を見ると、「あ」とか「般」は表示されていない状態。明らかに、IME系のトラブルでした。その「あ」が出ていたはずの所の一番左側で右クリックをして貰い、「設定」を開いて「テキストサービスと入力言語」を開いて貰うと、「既定の言語」が「日本語(日本)」となってはいるものの、その後ろが「Microsoft Natural Input 2003」に3台ともなってしまっていました。私が販売した富士通のWindows7では、「Microsoft Office IME 2007(又は2010)」が選択されていないとおかしいはずなのですが、何かの拍子に古い言語システムに逆戻りしているようでした。

逆戻りしているならば、それを直してあげれば不具合はなくなります。その対処法ですが。。。

一番の原因は、既定の言語が「Microsoft Office IME 2007(又は2010)」になっていないこと。なぜ、そうなっているかというと、その下の「インストールされているサービス」の「キーボード」の欄に不要なもの(「Microsoft Natural Input 2003」など)があるから。
不要なものを取り除く方法は、「Microsoft Natural Input 2003」や「Microsoft IME Standard 2003」を「選択」→(右側の)「削除」ボタンをクリックして削除します。

この時、「既定の言語」が「Microsoft Natural Input 2003」や「Microsoft IME Standard 2003」のままだと「インストールされているサービス」から削除できないので、まずは「既定の言語」を「Microsoft Office IME 2007(又は2010)」に変更して右下の「適用」をクリックしておきます。

左の図のように、「既定の言語」にも「インストールされているサービス」の欄にも「Microsoft Office IME 2007(又は2010)」が選択されていれば、対処終了。念の為、再起動をかければ万全かなと。

おそらく、Windows7の最近のWindows Update(Office系のUpdateも実行されるもの)でIMEも更新されて既定の言語サービスに入れ替わってしまったのではないかと。。。

今回の現象が起きた方のパソコンは、全てWindowsXPからWindows7へ乗り換えたパソコンでした。だから「Microsoft Natural Input 2003」や「Microsoft IME Standard 2003」がパソコン内にあったんでしょうけど。。。

 

本当はこの話も、2月12日に出場した守谷ハーフマラソンの話も、もう少し前に書きたかったのですが、その守谷ハーフマラソン以降体調がすぐれず、書く気になれませんでした。マラソン終了後から咳が続き、段々ひどくなり、2月28日に病院へ。咳止めが聞いてきたなと思ったら3月2日には一日中鼻水と微熱(37.2℃位)。3月2日はほぼ一日雨の日でした。雨の日に鼻水なので花粉症とは考えられず、3月3日に再び病院へ。「これまでは風邪をひいたときには喉の痛みがひどい事が多かったのですが、喉は全く痛くありません。花粉症も考えにくいのですが、一体なんなのでしょう?」と病院の先生に相談すると、「念の為、インフルエンザの検査をしてみますか?」ということになり、検査室へ。検査終了後、「10分位で結果出ますから、待合室でお待ち下さい。」と看護婦さんに言われたのですが、診察室に呼ばれたのはわずか2分後位。「原因分かりました。インフルエンザでした。」と先生。。。

いつからインフルエンザになっていたのかは謎ですが、その日に貰ったタミフルのお蔭か、徐々に体調は快方に向かっています。それでやっとブログを書く気になりました。休止していたジョギングももうすぐ再開できるかな。。。

パソコン教室をしつつ、パソコンサポートやパソコン販売をやっているので、時々「お預かりパソコン」が教室内にやってきます。

富士通の3世代パソコン一番右側のモニターが消えているのが、前回の日記に書いたウィルスに感染した富士通のVistaパソコン。
リカバリー、バックアップなどの作業が終わり、これから納品に行くので電源を落としてあります。

左側の黒くてワイド画面のモニターが最新の富士通Windows7パソコン。初期設定が終わった段階です。
このパソコンの持ち主の方がこれまでお使いになっていたのが、その右隣にある画面がほぼ正方形のパソコン。富士通のWindowsXPパソコンです。このXPパソコンのデータを、Windows7の「PC乗換ガイド」でデータ転送しているところです。
今回、転送するデータがかなり多いので、納品予定日の2日前から初期設定&データ転送を開始しました。この「PC乗換ガイド」で現在転送中のデータが約43GB。その他にも250GBの容量の外付けHDDにかなり写真などが入っていたので、そのデータも転送します^^; 全て作業が終わってかなりのデータが移動したとしても、この最新のWindows7パソコンは快適に動いてくれることでしょう(^_^)

この狭い場所に、XP・Vista・7の富士通のパソコンが3台揃った(3世代と言っていいのか分かりませんが…)のでちょっと写真を撮ってみました。

それにしても、23インチのモニターはやはり大迫力です。地デジも見る・録るができるし、最近のパソコンは凄いですね(今回、話題の3Dは見送りました。私もお客様も、まだ時期が早いような感じを持ったので…)。

以前の日記にも書きましたが、2月に「Windows エキスパート ゴールド」の認定資格試験を受け、合格して認定証も頂いていました。合格すると、認定証だけでなくマイクロソフト様のオフィシャルホームページの「Windows エキスパート-Gold-在籍店舗一覧」に掲載される筈でしたがなかなか掲載されず、忙しさもあいまってしばらくチェックしていませんでしたが、今日サイトを確認してみると「Windows エキスパート-Gold-在籍店舗一覧」の「茨城県」の所にうちの会社名「NAKトータルサポート有限会社」が載っていました。「コジマ」とか「ケーズデンキ」の大手量販店と同じ並びで掲載してもらえるのは嬉しい限りです。
以前の日記にも書きましたが「Windows エキスパート-Gold-」は、「Windows 7の新機能や特徴などの製品情報、そしてお客様の用途に合ったエディションのご紹介やアップグレード方法などの販売情報を熟知しています。更に、実際に製品デモを交えた製品紹介スキルをもった Windows 7 販売のエキスパートです。」というもの。販売はもちろん、パソコン教室の授業にも役立つ資格です。
「Windows 7 」に関する事は、何なりと当社にご相談下さい。

「Windows エキスパート-Gold-在籍店舗一覧」(茨城県の所に当社が出ています。)

先日(2月3日)、東京新宿にあるマイクロソフトのセミナールームへ行きました。
その目的は「Windows エキスパート ゴールド」の資格認定を受けるためです。
40分の講義を受けた後、すぐに20分位の筆記テストが始まりました。10問中8問以上正解で認定証をもらえます。

テストが終わると、早速自己採点での結果発表。講師の方の正解発表を聞いておりましたが、5問目位の正解発表で合格を確信しました。(前半がちょっと自信なかったので^^;)
結果は全問正解での合格でした!
Windowsエキスパートゴールド認定証

Windowsエキスパートゴールド認定証

合格者にはその場で「Windows エキスパート ゴールド」認定証が渡されます。それがこれ。

ちなみに、マイクロソフトの公式ホームページによると、
Windows エキスパート ゴールドとは、Windows 7の新機能や特徴などの製品情報、そしてお客様の用途に合ったエディションのご紹介やアップグレード方法などの販売情報を熟知しています。更に、実際に製品デモを交えた製品紹介スキルをもった Windows 7 販売のエキスパートです。

と言う事でした。主に家電量販店などでの販売スタッフ向けの資格ですが、(もちろん当社でも販売はしていますが)パソコン教室の授業をする上でもこの資格があると授業の幅が広がってとても役立ちます。昨日の授業でWindows7のノートパソコンを持ち込みで受ける生徒さんがいたので、さっそくこの日の講義で習ったことをお伝えしてみました。「パソコンを楽しむ」という面で非常に役立ちます(^^)v

この資格を取る前に「Windows エキスパート シルバー」を取りましたが、そのシルバーとの大きな違いはマイクロソフトの「Windows エキスパート -Gold- 在籍店舗一覧」に社名を載せて貰えること。ちなみに、Vistaの時にも「Windows Vista 認定マイスター」という制度があり、この認定も受けましたので「Windows Vista 認定マイスター在籍店舗一覧」に社名を載せていただきました。
あと数週間もすれば(これが以外に時間がかかるかも…)、当社もマイクロソフトのこの「Windows エキスパート -Gold- 在籍店舗一覧」ページに社名を載せていただけます。楽しみにそれを待っています(^.^)